2022年関屋記念過去データと予想分析

馬ランド、無料競馬予想記事
更新日時:

2022年8月14日(日) 新潟競馬場 芝1600m

真夏のマイル決戦・関屋記念。以前は古馬にとって夏競馬唯一のマイル重賞として行われていたが、2012年からは中京記念が加わり、本競走、そして9月の京成杯オータムHでサマーマイルシリーズを形成。さらにリステッド競走の米子Sも追加され、夏のマイル路線が充実してきた。シリーズ創設の12年には、優勝馬のドナウブルーが後にマイルCSで3着に好走。14年は、このレース2着のダノンシャークがマイルCSを制した。近年では、18年優勝のプリモシーンが翌春のヴィクトリアMで2着。昨年のロータスランドは今年の高松宮記念で2着に食い込んでおり、格付けはG3ながら、秋や来春のG1へ向けて注目の欠かせない一戦だ。そんな関屋記念の過去の傾向を見てみよう。

日付 単勝配当 複勝配当 枠連 馬連 馬単 3連複 3連単
2021年 970円 270円 1,910円 6,710円 11,940円 4,600円 46,820円
2020年 750円 250円 1,040円 7,230円 12,810円 11,820円 83,420円
2019年 380円 170円 2,360円 2,360円 3,790円 5,580円 26,410円
2018年 410円 180円 1,490円 2,540円 3,890円 5,450円 22,570円
2017年 1,210円 500円 5,010円 7,180円 13,300円 22,140円 131,710円
2016年 610円 210円 940円 4,350円 7,220円 5,340円 34,040円
2015年 470円 210円 2,380円 3,800円 6,580円 25,190円 109,570円
2014年 1,060円 310円 990円 1,990円 4,730円 7,000円 39,800円
2013年 780円 230円 1,090円 1,220円 3,100円 2,620円 17,110円
2012年 280円 150円 1,440円 1,590円 2,480円 6,650円 24,190円
日付 着順 馬名 人気 性別 年齢 騎手 馬番 斤量 頭数 馬場状態 上り3F 馬体重 馬体重増減 所属 調教師 種牡馬
210815 1着 ロータスランド 4番人気 4才 田辺裕信 6番 54キロ 18頭 34.1 462キロ -8 (栗) 辻野泰之 Point of Entry
2着 カラテ 6番人気 5才 菅原明良 13番 56キロ 34 520キロ -6 (美) 高橋祥泰 トゥザグローリー
3着 ソングライン 1番人気 3才 池添謙一 11番 51キロ 34 486キロ 6 (美) 林徹 キズナ
200816 1着 サトノアーサー 4番人気 6才 戸崎圭太 17番 56キロ 33.7 484キロ 2 (栗) 池江泰寿 ディープインパクト
2着 トロワゼトワル 8番人気 5才 三浦皇成 18番 54キロ 35.5 464キロ -8 (栗) 安田隆行 ロードカナロア
3着 アンドラステ 1番人気 4才 岩田望来 3番 54キロ 34.7 468キロ 2 (栗) 中内田充 オルフェーヴル
190811 1着 ミッキーグローリー 1番人気 6才 ルメール 13番 56キロ 32.2 554キロ 0 (美) 国枝栄 ディープインパクト
2着 ミエノサクシード 6番人気 6才 川島信二 14番 54キロ 32.9 474キロ 0 (栗) 高橋亮 ステイゴールド
3着 ソーグリッタリング 4番人気 5才 浜中俊 6番 57キロ 33.2 480キロ -4 (栗) 池江泰寿 ステイゴールド
180812 1着 プリモシーン 1番人気 3才 北村宏司 12番 51キロ 15頭 33.4 488キロ 10 (美) 木村哲也 ディープインパクト
2着 ワントゥワン 5番人気 5才 M.デム 10番 54キロ 32.8 450キロ 2 (栗) 藤岡健一 ディープインパクト
3着 エイシンティンクル 3番人気 5才 和田竜二 4番 54キロ 34.6 500キロ -6 (栗) 坂口正則 ディープインパクト
170813 1着 マルターズアポジー 7番人気 5才 武士沢友 3番 57キロ 16頭 34.3 528キロ 0 (美) 堀井雅広 ゴスホークケン
2着 ウインガニオン 4番人気 5才 津村明秀 15番 57キロ 33.9 494キロ 0 (栗) 西園正都 ステイゴールド
3着 ダノンリバティ 5番人気 5才 松若風馬 10番 56キロ 33.6 526キロ 0 (栗) 音無秀孝 キングカメハメハ
160814 1着 ヤングマンパワー 3番人気 4才 戸崎圭太 17番 56キロ 18頭 33.7 526キロ 12 (美) 手塚貴久 スニッツェル
2着 ダノンリバティ 7番人気 4才 松若風馬 12番 56キロ 34.2 522キロ 2 (栗) 音無秀孝 キングカメハメハ
3着 マジックタイム 1番人気 5才 ルメール 7番 54キロ 33.1 470キロ -8 (美) 中川公成 ハーツクライ
150816 1着 レッドアリオン 2番人気 5才 川須栄彦 12番 57キロ 12頭 33.3 480キロ -4 (栗) 橋口弘次 アグネスタキオン
2着 マジェスティハーツ 6番人気 5才 森一馬 4番 56キロ 32.4 496キロ -2 (栗) 松永昌博 ハーツクライ
3着 ヤングマンパワー 9番人気 3才 松岡正海 10番 53キロ 33 540キロ 18 (美) 手塚貴久 スニッツェル
140817 1着 クラレント 4番人気 5才 田辺裕信 13番 57キロ 17頭 33.8 494キロ -4 (栗) 橋口弘次 ダンスインザダーク
2着 ダノンシャーク 1番人気 6才 内田博幸 7番 58キロ 34.2 444キロ 0 (栗) 大久保龍 ディープインパクト
3着 サトノギャラント 6番人気 5才 北村宏司 1番 56キロ 33.6 498キロ 4 (美) 藤沢和雄 シンボリクリスエス
130811 1着 レッドスパーダ 4番人気 7才 北村宏司 1番 57キロ 18頭 34.4 540キロ 8 (美) 藤沢和雄 タイキシャトル
2着 ジャスタウェイ 1番人気 4才 福永祐一 16番 56キロ 33.2 506キロ 10 (栗) 須貝尚介 ハーツクライ
3着 レオアクティブ 3番人気 4才 横山典弘 3番 56キロ 33.9 450キロ 0 (美) 杉浦宏昭 アドマイヤムーン
120812 1着 ドナウブルー 1番人気 4才 内田博幸 14番 54キロ 32.6 438キロ 2 (栗) 石坂正 ディープインパクト
2着 エーシンリターンズ 5番人気 5才 北村宏司 3番 54キロ 32.5 466キロ -8 (栗) 坂口正則 キングカメハメハ
3着 スピリタス 8番人気 7才 和田竜二 9番 56キロ 32.6 446キロ -4 (栗) 岡田稲男 タニノギムレット
日付 着順 馬名 前走レース名 前走着順 前走人気 間隔 前走開催 前芝・ダ 前距離 前走馬場状態 前走上り3F 前騎手 前走斤量 前走頭数 前走馬番 前走走破タイム 前走着差タイム
210815 1着 ロータスランド 中京記念HG3 5着 3番人気 4 3小6 1800 34.9 藤岡康太 54キロ 12頭 5番 1466 0.4
2着 カラテ 安田記念G1 13着 10番人気 10 3東2 1600 34.1 菅原明良 58キロ 14頭 4番 1330 1.3
3着 ソングライン NHKマG1 2着 7番人気 14 2東6 1600 34.3 池添謙一 55キロ 18頭 10番 1316 0
200816 1着 サトノアーサー エプソムG3 6着 1番人気 9 3東4 1800 35.8 レーン 56キロ 18頭 4番 1480 0.3
2着 トロワゼトワル 中京記念HG3 17着 4番人気 4 4阪6 1600 38.9 三浦皇成 54キロ 18頭 4番 1364 3.7
3着 アンドラステ エプソムG3 4着 4番人気 9 3東4 1800 35.6 岩田望来 54キロ 18頭 16番 1479 0.2
190811 1着 ミッキーグローリー マイルチG1 5着 8番人気 38 5京6 1600 33.4 戸崎圭太 57キロ 18頭 10番 1335 0.2
2着 ミエノサクシード 中京記念HG3 4着 4番人気 3 3名8 1600 34.3 川島信二 54キロ 16頭 15番 1337 0.1
3着 ソーグリッタリング エプソムG3 3着 1番人気 9 3東4 1800 32.8 浜中俊 57キロ 14頭 4番 1494 0.3
180812 1着 プリモシーン NHKマG1 5着 5番人気 14 2東6 1600 34 戸崎圭太 55キロ 18頭 5番 1330 0.2
2着 ワントゥワン 中京記念HG3 5着 3番人気 3 3名8 1600 34.1 M.デム 52キロ 16頭 11番 1327 0.4
3着 エイシンティンクル 豊明S1600 1着 4番人気 5 3名3 1400 35.5 和田竜二 55キロ 15頭 13番 1208 -0.1
170813 1着 マルターズアポジー 七夕賞HG3 11着 2番人気 5 2福4 2000 38.6 武士沢友 58キロ 12頭 9番 2002 2
2着 ウインガニオン 中京記念HG3 1着 5番人気 3 3名8 1600 34.8 津村明秀 57キロ 16頭 3番 1332 -0.4
3着 ダノンリバティ 中京記念HG3 5着 3番人気 3 3名8 1600 34.5 松若風馬 56キロ 16頭 10番 1340 0.8
160814 1着 ヤングマンパワー 多摩川H1600 1着 2番人気 9 3東4 1600 34.3 戸崎圭太 58キロ 15頭 8番 1328 0
2着 ダノンリバティ 中京記念HG3 5着 5番人気 3 3名8 1600 33.9 武豊 56キロ 16頭 11番 1339 0.3
3着 マジックタイム ヴィクトG1 6着 6番人気 13 2東8 1600 34.3 ボウマン 55キロ 18頭 6番 1321 0.6
150816 1着 レッドアリオン 中京記念HG3 8着 2番人気 3 3名8 1600 34.7 川須栄彦 58キロ 16頭 11番 1337 0.3
2着 マジェスティハーツ 鳴尾記念G3 2着 8番人気 10 3阪1 2000 34.7 武幸四郎 56キロ 11頭 6番 1591 0.3
3着 ヤングマンパワー NHKマG1 6着 10番人気 14 2東6 1600 34 松岡正海 57キロ 18頭 14番 1339 0.4
140817 1着 クラレント 中京記念HG3 8着 2番人気 3 3名8 1600 37.1 小牧太 58キロ 16頭 1番 1377 0.6
2着 ダノンシャーク 安田記念G1 4着 9番人気 10 3東2 1600 38.2 内田博幸 58キロ 17頭 9番 1374 0.6
3着 サトノギャラント 中京記念HG3 7着 3番人気 3 3名8 1600 36.4 北村宏司 56キロ 16頭 13番 1376 0.5
130811 1着 レッドスパーダ パラダイ 1着 3番人気 7 3東8 1400 34 北村宏司 58キロ 12頭 8番 1201 -0.2
2着 ジャスタウェイ エプソムG3 2着 3番人気 9 3東4 1800 32.7 福永祐一 56キロ 14頭 13番 1457 0
3着 レオアクティブ バーデンH 3着 1番人気 4 2福6 1200 35.9 横山典弘 57キロ 16頭 13番 1109 0.4
120812 1着 ドナウブルー 安田記念G1 10着 14番人気 10 3東2 1600 35.2 川田将雅 56キロ 18頭 12番 1321 0.8
2着 エーシンリターンズ 中京記念HG3 14着 4番人気 3 2名8 1600 36.9 松山弘平 54キロ 16頭 14番 1366 1.5
3着 スピリタス NST賞 2着 5番人気 2 2新6 1800 33.3 武豊 56キロ 12頭 9番 1462 0.2

1日1回応援(クリック)してくれると嬉しいですw

競馬人気ブログランキング

ウマニティ(外部ページ)

人気 着別度数 勝率連対率複勝率
1番人気3-2-3-2/1030.0%50.0%80.0%
2番人気1-0-0-9/1010.0%10.0%10.0%
3番人気1-0-2-7/1010.0%10.0%30.0%
4番人気4-1-1-4/1040.0%50.0%60.0%
5番人気0-2-1-7/100.0%20.0%30.0%
6番人気0-3-1-6/100.0%30.0%40.0%
7番人気1-1-0-8/1010.0%20.0%20.0%
8番人気0-1-1-8/100.0%10.0%20.0%
9番人気0-0-1-9/100.0%0.0%10.0%
10番人気0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
11番人気0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
12番人気0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
13番人気0-0-0-9/90.0%0.0%0.0%
14番人気0-0-0-9/90.0%0.0%0.0%
15番人気0-0-0-9/90.0%0.0%0.0%
16番人気0-0-0-8/80.0%0.0%0.0%
17番人気0-0-0-6/60.0%0.0%0.0%
18番人気0-0-0-4/40.0%0.0%0.0%

極端な大波乱はなし

過去10年、1番人気は【3.2.3.2】連対率50.0%、複勝率80.0%と上々の成績。連対率順では4番人気が【4.1.1.4】で1番人気に並び、次いで6番人気が【0.3.1.6】30.0%。連対馬はすべて8番人気以内で、2桁人気馬は3着もなく、3連単の最高配当は13万1710円(2017年)。ほかに8万円以上の配当が2015年、20年と出ているが、極端な大波乱にまでは至らないレースだ。ただ、3番人気以内馬によるワンツー決着はないため、馬連や馬単はひとひねりしてみるとおもしろい。

前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率
中京記念HG33-6-2-44/555.5%16.4%20.0%
安田記念G11-2-0-6/911.1%33.3%33.3%
エプソムG31-1-2-9/137.7%15.4%30.8%
NHKマG11-0-2-4/714.3%14.3%42.9%
パラダイ1-0-0-5/616.7%16.7%16.7%
多摩川H16001-0-0-2/333.3%33.3%33.3%
七夕賞HG31-0-0-2/333.3%33.3%33.3%
マイルチG11-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
鳴尾記念G30-1-0-0/10.0%100.0%100.0%
ヴィクトG10-0-1-6/70.0%0.0%14.3%
NST賞0-0-1-2/30.0%0.0%33.3%
バーデンH0-0-1-1/20.0%0.0%50.0%
豊明S16000-0-1-0/10.0%0.0%100.0%
マイラーG20-0-0-5/50.0%0.0%0.0%

中京記念組なら5歳馬中心

冒頭でも触れたように中京記念がサマーマイルシリーズになってから10年が経過。前走レース別ではその中京記念組が【3.6.2.44】と出走馬、好走馬とも非常に多い。同レースが今年と同じく小倉芝1800mで代替された昨年もロータスランドが優勝している。この中京記念組の好走馬11頭中8頭は5歳馬で、この組の5歳馬全体では【2.4.2.21】複勝率27.6%になる。その他のレースからは好走した19頭中13頭は5歳以外だった。  また、それぞれ前走の成績を見ると、中京記念組は前走着順はひと息ながら、前走人気はすべて5番人気以内。2020年2着のトロワゼトワルが同レースでは4番人気で17着など、期待に応えられなかった馬が巻き返すケースが多い。中京記念以外なら、前走6着以内が目安になる(G1除く)。

【前走中京記念からの好走馬(過去10年)】

年 馬名 性齢 人気 着順 前走 前走人気 前走着順
12 エーシンリターンズ 牝5 5 2 中京記念 4 14
14 クラレント 牡5 4 1 2 8
サトノギャラント 牡5 6 3 3 7
15 レッドアリオン 牡5 2 1 2 8
16 ダノンリバティ 牡4 7 2 5 5
17 ウインガニオン 牡5 4 2 5 1
ダノンリバティ 牡5 5 3 3 5
18 ワントゥワン 牝5 5 2 3 5
19 ミエノサクシード 牝6 6 2 4 4
20 トロワゼトワル 牝5 8 2 4 17
21 ロータスランド 牝4 4 1 3 5

【前走中京記念以外からの好走馬(過去10年)】

年 馬名 性齢 人気 着順 前走 前走人気 前走着順
12 ドナウブルー 牝4 1 1 安田記念 14 10
スピリタス セ7 8 3 NST賞 5 2
13 レッドスパーダ 牡7 4 1 パラダイスS 3 1
ジャスタウェイ 牡4 1 2 エプソムC 3 2
レオアクティブ 牡4 3 3 バーデンバーデン 1 3
14 ダノンシャーク 牡6 1 2 安田記念 9 4
15 マジェスティハーツ 牡5 6 2 鳴尾記念 8 2
ヤングマンパワー 牡3 9 3 NHKマイルC 10 6
16 ヤングマンパワー 牡4 3 1 多摩川S 2 1
マジックタイム 牝5 1 3 ヴィクトリアM 6 6
17 マルターズアポジー 牡5 7 1 七夕賞 2 11
18 プリモシーン 牝3 1 1 NHKマイルC 5 5
エイシンティンクル 牝5 3 3 豊明S 4 1
19 ミッキーグローリー 牡6 1 1 マイルCS 8 5
ソーグリッタリング 牡5 4 3 エプソムC 1 3
20 サトノアーサー 牡6 4 1 エプソムC 1 6
アンドラステ 牝4 1 3 エプソムC 4 4
21 カラテ 牡5 6 2 安田記念 10 13
ソングライン 牝3 1 3 NHKマイルC 7 2

前確定着順 着別度数 勝率連対率複勝率
前走1着2-1-1-14/1811.1%16.7%22.2%
前走2着0-2-2-11/150.0%13.3%26.7%
前走3着0-0-2-11/130.0%0.0%15.4%
前走4着0-2-1-10/130.0%15.4%23.1%
前走5着3-2-1-10/1618.8%31.3%37.5%
前走6~9着3-0-3-33/397.7%7.7%15.4%
前走10着~2-3-0-46/513.9%9.8%9.8%
前走コース 着別度数 勝率連対率複勝率
東京・芝16003-2-3-21/2910.3%17.2%27.6%
中京・芝16002-5-2-38/474.3%14.9%19.1%
東京・芝18001-1-2-9/137.7%15.4%30.8%
京都・芝1600外1-0-0-5/616.7%16.7%16.7%
東京・芝14001-0-0-9/1010.0%10.0%10.0%
福島・芝20001-0-0-2/333.3%33.3%33.3%
小倉・芝18001-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
阪神・芝1600外0-1-0-14/150.0%6.7%6.7%
阪神・芝20000-1-0-2/30.0%33.3%33.3%
新潟・芝1800外0-0-1-5/60.0%0.0%16.7%
福島・芝12000-0-1-1/20.0%0.0%50.0%
中京・芝14000-0-1-1/20.0%0.0%50.0%
新潟・芝2000外0-0-0-2/20.0%0.0%0.0%
函館・芝18000-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
福島・芝18000-0-0-8/80.0%0.0%0.0%
新潟・芝1600外0-0-0-4/40.0%0.0%0.0%
◆同コース0-0-0-4/40.0%0.0%0.0%
単勝オッズ 着別度数 勝率連対率複勝率
1.5~ 1.90-0-1-0/10.0%0.0%100.0%
2.0~ 2.91-1-0-0/250.0%100.0%100.0%
3.0~ 3.91-1-0-1/333.3%66.7%66.7%
4.0~ 4.92-0-2-5/922.2%22.2%44.4%
5.0~ 6.91-1-2-11/156.7%13.3%26.7%
7.0~ 9.93-2-2-10/1717.6%29.4%41.2%
10.0~14.92-2-1-12/1711.8%23.5%29.4%
15.0~19.90-3-1-11/150.0%20.0%26.7%
20.0~29.90-0-1-15/160.0%0.0%6.3%
30.0~49.90-0-0-19/190.0%0.0%0.0%
50.0~99.90-0-0-25/250.0%0.0%0.0%
100.0~0-0-0-26/260.0%0.0%0.0%
騎手 着別度数 勝率連対率複勝率
北村宏司2-1-1-2/633.3%50.0%66.7%
戸崎圭太2-0-0-6/825.0%25.0%25.0%
田辺裕信2-0-0-5/728.6%28.6%28.6%
内田博幸1-1-0-7/911.1%22.2%22.2%
ルメール1-0-1-0/250.0%50.0%100.0%
川須栄彦1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
武士沢友1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
松若風馬0-1-1-0/20.0%50.0%100.0%
M.デム0-1-0-6/70.0%14.3%14.3%
三浦皇成0-1-0-2/30.0%33.3%33.3%
津村明秀0-1-0-5/60.0%16.7%16.7%
福永祐一0-1-0-4/50.0%20.0%20.0%
枠番 着別度数 勝率連対率複勝率
1枠1-0-1-16/185.6%5.6%11.1%
2枠1-1-2-15/195.3%10.5%21.1%
3枠1-0-2-16/195.3%5.3%15.8%
4枠0-2-1-16/190.0%10.5%15.8%
5枠0-0-2-18/200.0%0.0%10.0%
6枠0-2-1-17/200.0%10.0%15.0%
7枠4-2-1-18/2516.0%24.0%28.0%
8枠3-3-0-19/2512.0%24.0%24.0%

7~8枠で計7勝、特に外枠の人気馬は強い

関屋記念は外枠を引いた馬が強いレースで、7、8枠の合計で【7.5.1.37】と優勝馬10頭中7頭を占めている。外枠は該当馬自体も多いものの、率でみても1~6枠が【3.5.9.98】勝率2.6%、7~8枠は同14.0%と、7~8枠の優位は揺るがない。中でも3番人気以内の馬は7~8枠なら【5.1.0.4】連対率60.0%に対し、1~6枠は【0.1.5.14】同5.0%と、特に連対候補としての差が非常に大きい。また、7~8枠以外の優勝馬3頭は1~3枠から出ており、中枠は苦戦傾向が強い。

前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率
3F 1位1-3-1-12/175.9%23.5%29.4%
3F 2位1-1-0-16/185.6%11.1%11.1%
3F 3位0-1-2-17/200.0%5.0%15.0%
3F ~5位2-0-5-27/345.9%5.9%20.6%
3F 6位~6-5-2-62/758.0%14.7%17.3%
前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率
前走1人気1-0-2-12/156.7%6.7%20.0%
前走2人気4-0-0-11/1526.7%26.7%26.7%
前走3人気2-2-2-7/1315.4%30.8%46.2%
前走4人気0-3-2-10/150.0%20.0%33.3%
前走5人気1-2-1-10/147.1%21.4%28.6%
前走6~9人1-2-2-31/362.8%8.3%13.9%
前走10人~1-1-1-54/571.8%3.5%5.3%
前走斤量 着別度数 勝率連対率複勝率
49.5~51kg0-0-0-2/20.0%0.0%0.0%
51.5~53kg0-1-0-14/150.0%6.7%6.7%
53.5~55kg2-3-4-35/444.5%11.4%20.5%
55.5~57kg3-4-6-70/833.6%8.4%15.7%
57.5~59kg5-2-0-13/2025.0%35.0%35.0%
59.5~0-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率
未勝利0-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
3勝1-0-1-5/714.3%14.3%28.6%
OPEN非L1-0-2-22/254.0%4.0%12.0%
OPEN(L)0-0-0-9/90.0%0.0%0.0%
G35-8-4-72/895.6%14.6%19.1%
G20-0-0-8/80.0%0.0%0.0%
G13-2-3-18/2611.5%19.2%30.8%
前走場所 着別度数 勝率連対率複勝率
函館0-0-0-2/20.0%0.0%0.0%
福島1-0-1-12/147.1%7.1%14.3%
新潟0-0-1-11/120.0%0.0%8.3%
東京5-3-5-39/529.6%15.4%25.0%
中山0-0-0-3/30.0%0.0%0.0%
中京2-5-3-42/523.8%13.5%19.2%
京都1-0-0-6/714.3%14.3%14.3%
阪神0-2-0-19/210.0%9.5%9.5%
小倉1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率
1200m0-0-1-4/50.0%0.0%20.0%
1400m1-0-1-12/147.1%7.1%14.3%
1600m6-8-5-84/1035.8%13.6%18.4%
1800m2-1-3-26/326.3%9.4%18.8%
2000m1-1-0-7/911.1%22.2%22.2%
2200m0-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率
平地・逃げ2-1-1-6/1020.0%30.0%40.0%
平地・先行3-4-3-25/358.6%20.0%28.6%
平地・中団3-2-4-65/744.1%6.8%12.2%
平地・後方2-3-2-39/464.3%10.9%15.2%
平地・マクリ0-0-0-0/0   
3F 1位1-3-1-6/119.1%36.4%45.5%
3F 2位2-0-2-9/1315.4%15.4%30.8%
3F 3位0-1-0-8/90.0%11.1%11.1%
3F ~5位2-2-3-15/229.1%18.2%31.8%
3F 6位~5-4-4-96/1094.6%8.3%11.9%
年齢 着別度数 勝率連対率複勝率
3歳・7-9月1-0-2-7/1010.0%10.0%30.0%
4歳・7-9月3-2-2-19/2611.5%19.2%26.9%
5歳・7-9月3-6-5-49/634.8%14.3%22.2%
6歳・7-9月2-2-0-31/355.7%11.4%11.4%
7歳以上1-0-1-29/313.2%3.2%6.5%

牝馬が好成績、牡・センなら4、5歳馬

性別では牝馬が【3.4.4.29】で複勝率27.5%、牡・セン馬は【7.6.6.106】同15.2%と、好走確率なら牝馬優勢。牡・セン馬は4、5歳がほぼ互角で、3歳や6歳以上は劣勢。好成績の牝馬も6歳以上になると苦しくなる。牝馬のほうは3歳でも参戦があれば警戒を欠かせない。

【性齢別成績(過去10年)】

性別 年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
牡・セン 3 0-0-1-6 0.0% 0.0% 14.3%
4 1-2-1-14 5.6% 16.7% 22.2%
5 3-3-3-33 7.1% 14.3% 21.4%
6 2-1-0-25 7.1% 10.7% 10.7%
7~ 1-0-1-28 3.3% 3.3% 6.7%
全 7-6-6-106 5.6% 10.4% 15.2%
牝馬 3 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%
4 2-0-1-5 25.0% 25.0% 37.5%
5 0-3-2-16 0.0% 14.3% 23.8%
6 0-1-0-6 0.0% 14.3% 14.3%
7~ 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
全 3-4-4-29 7.5% 17.5% 27.5%

馬体重 着別度数 勝率連対率複勝率
420~439kg1-0-0-7/812.5%12.5%12.5%
440~459kg0-2-2-14/180.0%11.1%22.2%
460~479kg1-3-2-24/303.3%13.3%20.0%
480~499kg4-2-3-52/616.6%9.8%14.8%
500~519kg0-1-1-27/290.0%3.4%6.9%
520~539kg2-2-1-9/1414.3%28.6%35.7%
540~2-0-1-2/540.0%40.0%60.0%
斤量 着別度数 勝率連対率複勝率
49.5~51kg1-0-1-1/333.3%33.3%66.7%
51.5~53kg0-0-1-6/70.0%0.0%14.3%
53.5~55kg2-4-3-27/365.6%16.7%25.0%
55.5~57kg7-5-5-98/1156.1%10.4%14.8%
57.5~59kg0-1-0-3/40.0%25.0%25.0%
種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率
ディープインパクト4-2-1-20/2714.8%22.2%25.9%
スニッツェル1-0-1-3/520.0%20.0%40.0%
タイキシャトル1-0-0-4/520.0%20.0%20.0%
アグネスタキオン1-0-0-2/333.3%33.3%33.3%
ダンスインザダーク1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
ゴスホークケン1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
Point of Entry1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
ハーツクライ0-2-1-6/90.0%22.2%33.3%
キングカメハメハ0-2-1-7/100.0%20.0%30.0%
ステイゴールド0-2-1-6/90.0%22.2%33.3%
ロードカナロア0-1-0-5/60.0%16.7%16.7%
トゥザグローリー0-1-0-0/10.0%100.0%100.0%
シンボリクリスエス0-0-1-3/40.0%0.0%25.0%

「馬ナリ」の5歳以下に注目

過去10年の出走馬の追い切りを分析すると、「馬ナリ」での追い切り馬が優勝馬10頭中8頭を占めるなど、3着以内馬30頭中20頭と好走馬が非常に多い。まず「馬ナリ」調教馬に注目だ。ただ、毎年該当馬も多くなりがち。前に触れたように5歳以下の馬が優勢のレースで、この馬ナリ調整馬も3~5歳馬に絞ると【6.3.8.44】複勝率27.9%。馬ナリ全馬の同21.3%よりさらに好走確率は高まる。

【追い切り脚色別成績(過去10年)】

脚色 成績 勝率 連対率 複勝率
一杯 1-5-0-34 2.5% 15.0% 15.0%
強目 1-1-2-27 3.2% 6.5% 12.9%
馬ナリ 8-4-8-74 8.5% 12.8% 21.3%

イルーシヴパンサー 岩田望来

調教状態

手前をスムーズに替えられないような感じで、最後は内へ外へフラフラ。それでも勢いは感じさせて、脚捌き自体は力強かった。万全ではないが、力は出せそう。

厩舎コメント

(巻き返す)池内助手――安田記念はポジショニングの差と流れが向かなかっただけで、力負けとは思っていません。ここを目標に予定通りのメニューを消化。メンバーも少し楽になりますし、斤量が56キロになるのはいいので何とか巻き返してほしいです。

ウインカーネリアン 三浦皇成

調教状態

前走の疲れも感じさせずに、この中間も凄い勢いで駆け抜けている。今週も仕掛ければ一気に伸びそうな勢い。心身ともに本格化を思わせる雰囲気になった。

厩舎コメント

(重賞でも)鹿戸雄師――前走後も在厩で調整。今は爪の不安がないし、ここを目標に順調に仕上がった。相変わらずゲートで難しい面を見せるが、ここ2走が強いレースで、前走も抜け出してから遊んでいたくらい。メンバーは揃うけど、重賞でも楽しみ。

エアファンディタ 田辺裕信

調教状態

やや頭の高い走りではあるが、力強い脚捌きでゴール前はグンと伸びた。黒光りがして馬体も見栄えする。

エンデュミオン 秋山真一郎

調教状態

もうひと追い欲しい印象はあるが、動き自体に重苦しさはまったくなし。馬体もできており、力は出せそう。

ゴールデンシロップ M.デムーロ

調教状態

逞しさ溢れる馬体で、フットワークにも力強さが漲っている。気合乗りも上々で、デキはほぼ万全。

厩舎コメント

(態勢整う)太田助手――鼻出血で間隔は開きましたが、乗り込み量は十分で最終追い切りは反応が良過ぎるくらいでした。態勢は整いましたね。新潟の速い時計にも対応できると思いますし、ポテンシャル的には重賞でもやれると期待しています。

ザダル 戸崎圭太

調教状態

1週前に意欲的に追って、直前はややセーブ気味。それでも行きっぷりは良く、脚捌きも力強い。気配は良好。

厩舎コメント

(今回も馬場状態が鍵)大竹師――前走はレース直前の大雨で馬場が緩くなり、バランスを崩していた。やはりこの馬は良馬場の方がいい。放牧を挟んでここ目標に調整。暑い時季だから体重は減りそうだが、ここ一連と変わりなく力は出せるだろう。左回りの1600mも合うから期待したいが、台風の影響が心配。58キロだし、あまり渋ると?

シュリ 津村明秀

調教状態

先週、先々週と好時計をマーク。今週も抜群の行きっぷりで一気に駆け抜けた。もともと稽古駆けするタイプではあるが、気配は文句なし。攻め通りなら大駆け可能。

スカイグルーヴ C.ルメール

調教状態

ルメール騎手が騎乗して、最後まで集中力は抜群。バランスも先週以上に良く見せて、きっちり整ったか。

厩舎コメント

(マイルOK)太田助手――年齢を重ねていい意味でズブさが出てきたこと、1400mを使うようになって安定しました。直前の追い切りはジョッキーが乗って好感触。若い頃より集中して走れるようになったので、外回りの1600mもこなせると思います。

ダノンザキッド 川田将雅

調教状態

今回も時計を出しているのは坂路のみだが、週に2本きっちりとやれており、調整は順調。1週前に好時計でビシッと追われている分、今週はサラッと。柔軟な身のこなしで余裕のある動き。馬体も緩みなく仕上がる。

厩舎コメント

(賞金加算を)安田隆師――前走は直線で手前を替えなかったあたり、若さを残しながら、一旦は抜け出して力は示せたと思います。放牧から戻ったあとは至って順調。綺麗なフットワークで走れていますよ。新潟の外回り1600mは合いそう。勝って賞金加算を。

ディヴィーナ 武豊

調教状態

1週前にコースでしっかりと追われ、当週は坂路でサッと伸ばす、この厩舎の調整パターン。シャープな脚捌きで推進力十分。小柄な馬だが、体の張りもいい。

厩舎コメント

(強敵揃ったが)友道師――前走は初めてのGⅠでしたが、スムーズならもう少しやれたのではと思います。仕上がりは良く、左回りの1600mも合います。メンバーは揃いましたが、ここでどんなレースができるか楽しみです。

ピースワンパラディ 柴田善臣

調教状態

ザダル相手に先行して、最後は互角の手応え。ただ、先週も今週も迫力はひと息。太めはないのだが……。

リアアメリア 菅原明良

調教状態

この中間、ラストが11秒そこそこという切れ味。今週も少し追っただけで、併走相手を突き放した。ややテンションが高いのはいつものこと。毎回動く馬だが、濃い稽古内容で、いきなり能力全開か。

厩舎コメント

(駐立問題なし)片山助手――前走は気持ち良く乗ってくれた。この馬のペースで走らせることが一番。ゲート練習には毎日のように行って、駐立に関してはもう問題なし。デキは充実しているし、新潟の1600mも合うイメージ。

レッドライデン 吉田豊

調教状態

行きたがるのを何とかなだめながらの追い切り。一応、我慢は利いていて、力強さもある。気配は悪くない。

ワールドバローズ 和田竜二

調教状態

大きく追走して最後は追いついてきたが、反応は今ひとつだった。このひと追いでどこまで変わってくるか。

台風の影響で、この時間帯の馬場状態が読みにくいが、あれこれ思案しても仕方ないので、展開と実績重視で予想を組み立てたい。今年は、レッドアリオンが逃げ切った15年に近いスローペースになる公算が強く、まず先行馬の前残りを警戒したい。レッドライデンが控えるコメントをほのめかしているので、押し出されてウインカーネリアンの逃げとみたが……。

◎イルーシヴパンサー

4連勝は上がり600m最速か最速タイで、前走の安田記念も最速タイをマーク。ソングライン、シュネルマイスターを差し置いて1番人気に支持された馬だ。新潟の外回り向きのタイプで、(馬場不問に期待して)瞬発力を支持する。

○ダノンザキッド

昨秋のマイルCSではスローの芝1600mに対応して、グランアレグリア、シュネルマイスターに続いた。安定感に欠けるものの、2歳GⅠ優勝を含めて実績上位の存在。

▲ウインカーネリアン

今回は逃げ候補になる。リステッド競走の連勝で重賞制覇の機は熟したが、元値はコントレイルの勝った皐月賞4着馬。ただ、本質的にマイラーとは言い難い。谷川岳Sのラップ構成で乗り切れれば、だろう。

◇スカイグルーヴ

近走はずっと平均ペースの芝1400mで結果を出してきた。今回は一転して緩やかな流れになるので、折り合いが最大の鍵になる。そこをクリアできれば、先行抜け出しで押し切ることも可能。

管理人の予想印

◎ イルーシヴパンサー
○ ダノンザキッド
▲ ウインカーネリアン
◇ スカイグルーヴ
△1 ディヴィーナ
△2 ゴールデンシロップ
△3 リアアメリア
△4 ザダル

買い目

単勝/複勝

馬連

軸1、8
相手1、3、4、5、7、8、11、12

  • 2022年毎日王冠過去データと予想分析
  • 2022年京都大賞典過去データと予想分析はこちら
  • 2022年サウジアラビアロイヤルカップ過去データと予想分析はこちら
馬ランド、無料競馬予想