2022年サウジアラビアロイヤルカップ過去データと予想分析

馬ランド、無料競馬予想記事
更新日時:
このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年10月8日(土)東京競馬場 芝1600m

13年までオープン特別だったいちょうSが14年に重賞に格上げされ、翌15年にサウジアラビアロイヤルカップと改称された。いちょうSは長い間距離1600mで実施されていたが、12~13年は1800mとなり、重賞になった14年から再び1600mに戻された。歴代の勝ち馬にはヤマニンパラダイス、エアグルーヴ、メジロドーベル、イスラボニータ、グランアレグリアなど後のG1馬が名を連ね、ハイレベルな争いが繰り広げられてきた。昨年はコマンドラインが勝利した。今年はどんなレースになるだろうか。重賞に格上げされた14年以降のデータから、レースの傾向を探る。

日付 単勝配当 複勝配当 枠連 馬連 馬単 3連複 3連単
2021年 220円 120円 180円 370円 190円 670円
2020年 570円 180円 630円 690円 1,880円 7,020円 34,420円
2019年 150円 110円 320円 320円 430円 430円 1,080円
2018年 130円 110円 2,080円 2,290円 4,110円 12,060円
2017年 360円 150円 450円 500円 1,010円 2,000円 6,920円
2016年 500円 130円 1,140円 1,090円 2,150円 570円 5,040円
2015年 810円 160円 520円 930円 2,460円 780円 7,220円
日付 着順 馬名 人気 性別 年齢 馬番 騎手 種牡馬 斤量 頭数 馬場状態 上り3F 馬体重 所属 調教師
211009 1着 コマンドライン 1番人気 2才 6番 ルメール ディープインパクト 55キロ 7頭 33.5 522キロ (美) 国枝栄
2着 ステルナティーア 2番人気 2才 3番 福永祐一 ロードカナロア 54キロ 33.4 442キロ (美) 岩戸孝樹
3着 スタニングローズ 3番人気 2才 1番 戸崎圭太 キングカメハメハ 54キロ 33.2 480キロ (栗) 高野友和
201010 1着 ステラヴェローチェ 3番人気 2才 9番 横山典弘 バゴ 55キロ 10頭 36.8 502キロ (栗) 須貝尚介
2着 インフィナイト 1番人気 2才 5番 北村友一 モーリス 54キロ 37.7 488キロ (栗) 音無秀孝
3着 セイウンダイモス 9番人気 2才 6番 内田博幸 ローエングリン 55キロ 38.2 470キロ (美) 和田勇介
191005 1着 サリオス 1番人気 2才 3番 石橋脩 ハーツクライ 55キロ 9頭 33.1 540キロ (美) 堀宣行
2着 クラヴァシュドール 2番人気 2才 6番 藤岡佑介 ハーツクライ 54キロ 33.1 450キロ (栗) 中内田充
3着 アブソルティスモ 3番人気 2才 8番 戸崎圭太 ダイワメジャー 55キロ 34.3 494キロ (美) 藤沢和雄
181006 1着 グランアレグリア 1番人気 2才 4番 ルメール ディープインパクト 54キロ 8頭 34 476キロ (美) 藤沢和雄
2着 ドゴール 7番人気 2才 5番 津村明秀 サクラプレジデント 55キロ 33.7 448キロ (美) 黒岩陽一
3着 アマーティ 4番人気 2才 2番 三浦皇成 ルーラーシップ 54キロ 34.5 472キロ (美) 武井亮
171007 1着 ダノンプレミアム 2番人気 2才 2番 川田将雅 ディープインパクト 55キロ 18頭 34.4 482キロ (栗) 中内田充
2着 ステルヴィオ 1番人気 2才 16番 ルメール ロードカナロア 55キロ 33.5 456キロ (美) 木村哲也
3着 カーボナード 6番人気 2才 13番 岩田康誠 ディープインパクト 55キロ 34.4 456キロ (美) 栗田徹
161008 1着 ブレスジャーニー 3番人気 2才 6番 柴田善臣 バトルプラン 55キロ 9頭 33.8 446キロ (美) 本間忍
2着 ダンビュライト 2番人気 2才 7番 ルメール ルーラーシップ 55キロ 34.2 464キロ (栗) 音無秀孝
3着 クライムメジャー 1番人気 2才 3番 M.デム ダイワメジャー 55キロ 34.9 494キロ (栗) 池江泰寿
151010 1着 ブレイブスマッシュ 4番人気 2才 6番 横山典弘 トーセンファントム 55キロ 12頭 33.4 474キロ (美) 小笠倫弘
2着 イモータル 1番人気 2才 12番 戸崎圭太 マンハッタンカフェ 55キロ 33.4 514キロ (栗) 須貝尚介
3着 アストラエンブレム 2番人気 2才 11番 浜中俊 ダイワメジャー 55キロ 33 452キロ (美) 小島茂之
日付 着順 馬名 前走着順 前走レース名 前走人気 前芝・ダ 前距離 前走馬場状態 前走上り3F 前騎手 前走斤量 前走頭数 前走馬番 前走走破タイム 前走日付
211009 1着 コマンドライン 1着 新馬 1番人気 1600 34.3 ルメール 54キロ 11頭 7番 1354 210605
2着 ステルナティーア 1着 新馬 1番人気 32.7 福永祐一 54キロ 15頭 12番 1360 210808
3着 スタニングローズ 5着 新潟2歳G3 5番人気 32.9 松山弘平 54キロ 12頭 5番 1343 210829
201010 1着 ステラヴェローチェ 1着 新馬 2番人気 35.7 川田将雅 54キロ 14頭 1番 1364 200705
2着 インフィナイト 1着 新馬・牝 1番人気 35 北村友一 54キロ 18頭 9番 1375 200809
3着 セイウンダイモス 6着 新潟2歳G3 9番人気 34.7 内田博幸 54キロ 11頭 6番 1357 200830
191005 1着 サリオス 1着 新馬 2番人気 33.1 レーン 54キロ 8頭 7番 1371 190602
2着 クラヴァシュドール 1着 新馬 1番人気 33.1 藤岡佑介 54キロ 11頭 5番 1354 190907
3着 アブソルティスモ 1着 未勝利* 1番人気 1500 35.4 ルメール 54キロ 13頭 10番 1306 190804
181006 1着 グランアレグリア 1着 新馬 1番人気 1600 33.5 ルメール 54キロ 15頭 14番 1336 180603
2着 ドゴール 1着 新馬 4番人気 1400 35.2 津村明秀 54キロ 17頭 1番 1228 180901
3着 アマーティ 1着 新馬 3番人気 1600 33.3 三浦皇成 54キロ 17頭 13番 1363 180812
171007 1着 ダノンプレミアム 1着 新馬 1番人気 1800 34.6 川田将雅 54キロ 10頭 7番 1487 170625
2着 ステルヴィオ 1着 コスモス 1番人気 35.8 ルメール 54キロ 11頭 6番 1513 170812
3着 カーボナード 1着 未勝利* 1番人気 1600 34 岩田康誠 54キロ 18頭 3番 1353 170903
161008 1着 ブレスジャーニー 1着 未勝利* 2番人気 34.6 柴田善臣 54キロ 16頭 2番 1361 160625
2着 ダンビュライト 1着 新馬 3番人気 37.2 松若風馬 54キロ 13頭 2番 1407 160709
3着 クライムメジャー 1着 新馬 1番人気 33.9 M.デム 54キロ 16頭 15番 1356 160724
151010 1着 ブレイブスマッシュ 1着 未勝利* 1番人気 1500 35.7 横山典弘 54キロ 13頭 6番 1303 150906
2着 イモータル 1着 新馬 1番人気 1800 32.9 戸崎圭太 54キロ 12頭 8番 1498 150809
3着 アストラエンブレム 1着 未勝利* 1番人気 1600 32.6 田辺裕信 54キロ 15頭 7番 1348 150802
人気 着別度数 勝率連対率複勝率
1番人気4-3-1-2/1040.0%70.0%80.0%
2番人気2-3-1-4/1020.0%50.0%60.0%
3番人気2-1-2-5/1020.0%30.0%50.0%
4番人気1-0-1-8/1010.0%10.0%20.0%
5番人気1-0-1-8/1010.0%10.0%20.0%
6番人気0-0-1-9/100.0%0.0%10.0%
7番人気0-1-0-9/100.0%10.0%10.0%
8番人気0-0-0-9/90.0%0.0%0.0%
9番人気0-1-1-6/80.0%12.5%25.0%
10番人気0-0-0-6/60.0%0.0%0.0%
11番人気0-0-0-5/50.0%0.0%0.0%
12番人気0-1-0-4/50.0%20.0%20.0%
13番人気0-0-0-4/40.0%0.0%0.0%
14番人気0-0-2-2/40.0%0.0%50.0%
15番人気0-0-0-4/40.0%0.0%0.0%
16番人気0-0-0-3/30.0%0.0%0.0%
17番人気0-0-0-2/20.0%0.0%0.0%
18番人気0-0-0-2/20.0%0.0%0.0%
前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率
新馬5-5-2-8/2025.0%50.0%60.0%
未勝利*2-0-3-14/1910.5%10.5%26.3%
オータムHG31-1-0-7/911.1%22.2%22.2%
ポートア1-0-0-8/911.1%11.1%11.1%
セントラG21-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
新馬・牝0-1-0-1/20.0%50.0%50.0%
ダービーHG30-1-0-1/20.0%50.0%50.0%
コスモス0-1-0-1/20.0%50.0%50.0%
ラジオNIHG30-1-0-0/10.0%100.0%100.0%
新潟2歳G30-0-2-5/70.0%0.0%28.6%
信越SH0-0-1-1/20.0%0.0%50.0%
前確定着順 着別度数 勝率連対率複勝率
前走1着7-8-6-30/5113.7%29.4%41.2%
前走2着1-0-0-8/911.1%11.1%11.1%
前走3着0-0-0-11/110.0%0.0%0.0%
前走4着1-0-0-8/911.1%11.1%11.1%
前走5着0-0-1-8/90.0%0.0%11.1%
前走6~9着1-1-2-13/175.9%11.8%23.5%
前走10着~0-1-1-14/160.0%6.3%12.5%
前走コース 着別度数 勝率連対率複勝率
東京・芝16004-0-0-2/666.7%66.7%66.7%
◆同コース4-0-0-2/666.7%66.7%66.7%
阪神・芝1600外2-1-1-13/1711.8%17.6%23.5%
中山・芝16001-1-0-24/263.8%7.7%7.7%
札幌・芝15001-0-1-3/520.0%20.0%40.0%
阪神・芝1800外1-0-1-1/333.3%33.3%66.7%
新潟・芝22001-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
新潟・芝1600外0-3-5-13/210.0%14.3%38.1%
中京・芝16000-1-1-4/60.0%16.7%33.3%
新潟・芝14000-1-1-2/40.0%25.0%50.0%
札幌・芝18000-1-0-6/70.0%14.3%14.3%
福島・芝18000-1-0-1/20.0%50.0%50.0%
単勝オッズ 着別度数 勝率連対率複勝率
1.0~ 1.41-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
1.5~ 1.91-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
2.0~ 2.92-4-1-1/825.0%75.0%87.5%
3.0~ 3.91-1-1-0/333.3%66.7%100.0%
4.0~ 4.90-1-0-1/20.0%50.0%50.0%
5.0~ 6.93-1-2-7/1323.1%30.8%46.2%
7.0~ 9.91-0-1-7/911.1%11.1%22.2%
10.0~14.91-0-0-18/195.3%5.3%5.3%
15.0~19.90-0-2-5/70.0%0.0%28.6%
20.0~29.90-1-0-5/60.0%16.7%16.7%
30.0~49.90-2-0-16/180.0%11.1%11.1%
50.0~99.90-0-3-10/130.0%0.0%23.1%
100.0~0-0-0-22/220.0%0.0%0.0%
騎手 着別度数 勝率連対率複勝率
ルメール2-2-0-1/540.0%80.0%80.0%
横山典弘2-0-0-3/540.0%40.0%40.0%
戸崎圭太1-2-2-3/812.5%37.5%62.5%
内田博幸1-0-1-3/520.0%20.0%40.0%
岩田康誠1-0-1-0/250.0%50.0%100.0%
柴田善臣1-0-0-2/333.3%33.3%33.3%
石橋脩1-0-0-3/425.0%25.0%25.0%
川田将雅1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
福永祐一0-2-0-2/40.0%50.0%50.0%
柴田大知0-1-0-4/50.0%20.0%20.0%
津村明秀0-1-0-1/20.0%50.0%50.0%
北村友一0-1-0-0/10.0%100.0%100.0%
枠番 着別度数 勝率連対率複勝率
1枠1-0-1-11/137.7%7.7%15.4%
2枠0-0-1-13/140.0%0.0%7.1%
3枠1-1-2-10/147.1%14.3%28.6%
4枠1-1-0-12/147.1%14.3%14.3%
5枠2-3-0-10/1513.3%33.3%33.3%
6枠2-1-3-9/1513.3%20.0%40.0%
7枠0-2-1-15/180.0%11.1%16.7%
8枠3-2-2-12/1915.8%26.3%36.8%
前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率
3F 1位5-6-5-24/4012.5%27.5%40.0%
3F 2位3-2-1-10/1618.8%31.3%37.5%
3F 3位1-1-1-12/156.7%13.3%20.0%
3F ~5位0-0-1-13/140.0%0.0%7.1%
3F 6位~1-1-2-32/362.8%5.6%11.1%
前走人気 着別度数 勝率連対率複勝率
前走1人気4-5-4-11/2416.7%37.5%54.2%
前走2人気4-1-2-11/1822.2%27.8%38.9%
前走3人気0-1-1-15/170.0%5.9%11.8%
前走4人気0-1-1-10/120.0%8.3%16.7%
前走5人気1-0-1-9/119.1%9.1%18.2%
前走6~9人1-1-1-25/283.6%7.1%10.7%
前走10人~0-1-0-11/120.0%8.3%8.3%
前走クラス 着別度数 勝率連対率複勝率
新馬5-6-2-9/2222.7%50.0%59.1%
未勝利2-0-3-16/219.5%9.5%23.8%
1勝0-0-0-11/110.0%0.0%0.0%
3勝0-0-1-3/40.0%0.0%25.0%
OPEN非L1-1-2-19/234.3%8.7%17.4%
G31-3-2-25/313.2%12.9%19.4%
G21-0-0-7/812.5%12.5%12.5%
G10-0-0-2/20.0%0.0%0.0%
前走場所 着別度数 勝率連対率複勝率
札幌1-1-1-9/128.3%16.7%25.0%
函館0-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
福島0-1-0-1/20.0%50.0%50.0%
新潟1-5-6-18/303.3%20.0%40.0%
東京4-0-0-10/1428.6%28.6%28.6%
中山1-1-0-26/283.6%7.1%7.1%
中京0-1-1-6/80.0%12.5%25.0%
京都0-0-0-3/30.0%0.0%0.0%
阪神3-1-2-17/2313.0%17.4%26.1%
小倉0-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
前走平地距離 着別度数 勝率連対率複勝率
1200m0-0-0-5/50.0%0.0%0.0%
1400m0-1-1-6/80.0%12.5%25.0%
1500m1-0-1-3/520.0%20.0%40.0%
1600m7-6-7-56/769.2%17.1%26.3%
1800m1-3-1-16/214.8%19.0%23.8%
2000m0-0-0-3/30.0%0.0%0.0%
2200m1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
2400m0-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率
平地・逃げ0-0-1-9/100.0%0.0%10.0%
平地・先行5-3-3-25/3613.9%22.2%30.6%
平地・中団3-5-3-24/358.6%22.9%31.4%
平地・後方2-2-2-34/405.0%10.0%15.0%
平地・マクリ0-0-1-0/10.0%0.0%100.0%
3F 1位3-3-4-4/1421.4%42.9%71.4%
3F 2位2-3-0-7/1216.7%41.7%41.7%
3F 3位0-0-0-8/80.0%0.0%0.0%
3F ~5位4-3-4-10/2119.0%33.3%52.4%
3F 6位~1-1-2-63/671.5%3.0%6.0%
年齢 着別度数 勝率連対率複勝率
2歳7-7-7-52/739.6%19.2%28.8%
3歳2-1-1-8/1216.7%25.0%33.3%
4歳0-1-1-4/60.0%16.7%33.3%
5歳1-1-1-9/128.3%16.7%25.0%
6歳0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
7歳0-0-0-5/50.0%0.0%0.0%
8歳0-0-0-3/30.0%0.0%0.0%
馬体重 着別度数 勝率連対率複勝率
400~419kg0-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
420~439kg1-0-0-10/119.1%9.1%9.1%
440~459kg1-4-2-23/303.3%16.7%23.3%
460~479kg4-1-2-28/3511.4%14.3%20.0%
480~499kg1-2-5-16/244.2%12.5%33.3%
500~519kg1-1-1-11/147.1%14.3%21.4%
520~539kg1-2-0-3/616.7%50.0%50.0%
540~1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
斤量 着別度数 勝率連対率複勝率
53.5~55kg9-8-8-59/8410.7%20.2%29.8%
55.5~57kg1-1-2-33/372.7%5.4%10.8%
57.5~59kg0-1-0-0/10.0%100.0%100.0%
種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率
ディープインパクト5-2-1-4/1241.7%58.3%66.7%
ハーツクライ1-1-0-1/333.3%66.7%66.7%
トーセンファントム1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
ダンスインザダーク1-0-0-4/520.0%20.0%20.0%
バゴ1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
バトルプラン1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
ロードカナロア0-2-0-1/30.0%66.7%66.7%
ルーラーシップ0-1-1-1/30.0%33.3%66.7%
キングヘイロー0-1-1-0/20.0%50.0%100.0%
マンハッタンカフェ0-1-0-4/50.0%20.0%20.0%
モーリス0-1-0-0/10.0%100.0%100.0%
サクラプレジデント0-1-0-0/10.0%100.0%100.0%
ダイワメジャー0-0-3-5/80.0%0.0%37.5%

1~4番人気が強く、ほぼ本命戦

平均配当は馬連が986円、3連単は1万1251円とかなり堅い。1番人気は馬券を外したのが1回と安定しており、馬券圏内24頭中21頭が1~4番人気で、5番人気以下は3頭のみ。人気薄の出番は、ほとんど期待できない。

人気のノーザンファーム産は堅い

生産者別の成績では、ノーザンファーム【4.6.4.6】が馬券圏内24頭中14頭と半数以上を占めており、なんと複勝率は70%! ノーザンファーム産は1or2番人気【3.6.1.0】だと複勝率100%と完璧だが、3~4番人気【1.0.3.2】はまずまず、5番人気以下【0.0.0.4】は全滅。人気通りの結果になる。

【生産者別の成績(過去8年)】

生産者 成績 勝率 連対率 複勝率
ノーザンファーム 4-6-4-6 20.0% 50.0% 70.0%
ケイアイファーム 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
エスティファーム 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
競優牧場 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
パカパカファーム 1-0-0-0 100.0% 100.0% 100.0%
下河辺牧場 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0%
豊洋牧場 0-1-0-0 0.0% 100.0% 100.0%
社台ファーム 0-0-1-4 0.0% 0.0% 20.0%
レイクヴィラファーム 0-0-1-1 0.0% 0.0% 50.0%
棚川光男 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
下屋敷牧場 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%

新馬を勝った素質馬に逆らうな

ステップレースは、新馬組【5.7.2.10】は複勝率58.3%と好走確率が高く、未勝利組【3.0.3.19】は同24%とまずまず。この2つで馬券圏内24頭中20頭を占めている。重賞組【0.0.3.12】は連対ゼロと不振だが、1or2番人気に支持された馬はいない。

前走1800mや左回りが好成績

前走のコース別成績では、このレースと同じ東京芝1600m【4.0.0.0】がパーフェクト、直線が長い阪神芝1800m外【2.0.0.1】も好成績を残している。不振なのは中山芝1600m【0.0.0.18】。前走距離別の成績は1800m【2.2.1.10】が複勝率33.3%と好走確率が高く、1600m【5.5.6.36】も複勝率30.8%となかなか良い。  また、左回り【4.6.6.17】は複勝率48.5%と抜群の成績だが、右回り【4.2.2.44】は複勝率15.4%と今ひとつだ。

美浦南Wでラスト1ハロン13秒以下

サウジアラビアロイヤルCとして行われた過去7年の追い切りのコース別成績を調べたところ、好走馬が多かったのは美浦南W組【4.3.3.20】で、好走確率が高かったのは栗東坂路組【0.4.2.11】で複勝率35.3%だった。

美浦南W組の特徴は、ラスト1ハロンが13秒0以下なら【3.3.2.9】で複勝率47.1%と好走確率が高いが、13秒1以上【1.0.1.11】は複勝率15.4%と悪かった。美浦南Wでラスト1ハロンの速い馬を狙おう。

【追い切りコース別の成績(過去7年)】

場所 コース 成績 勝率 連対率 複勝率
栗東 坂路 0-4-2-11 0.0% 23.5% 35.3%
CW 2-0-0-6 25.0% 25.0% 25.0%
美浦 南坂路 0-0-2-9 0.0% 0.0% 18.2%
南W 4-3-3-20 13.3% 23.3% 33.3%
その他 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%

【美浦南W組のラスト1ハロンのタイム別の成績(過去7年)】

タイム 成績 勝率 連対率 複勝率
~13秒0 3-3-2-9 17.6% 35.3% 47.1%
13秒1~ 1-0-1-11 7.7% 7.7% 15.4%

グラニット 嶋田純次

調教状態

3頭併せの内で一番手応えが良かった。キビキビと動けているし、馬場の荒れていた時間帯を考えると時計も水準以上。使いつつ更に体調は上向いてきた感がある。

シルヴァーデューク 戸崎圭太

調教状態

1週前が52秒3の好時計。今週は終い重点だったが、ゴール前はグンと加速する感じでなかなか迫力があった。馬体にも太め感はなく、いい仕上がりで臨めそう。

厩舎コメント

(前走完勝)西村師――力通り完勝だったし、いい走りをするね。初戦は幼い面があったけど、前走はそれほど問題なかったことからも、レースを積む毎に成長していると思う。レースが上手だし、広いコースの方が競馬もしやすいね。しっかりと乗り込んできたので、重賞でもいい走りを期待。

ドルチェモア 横山和生

調教状態

1週前はソダシをアオるくらいの動き。今週も抜群の行きっぷりで先着してきた。馬なりばかりではあるものの、攻め量も十分。万全の仕上がりで臨めるのでは。

厩舎コメント

(上積み十分)須貝尚師――栗東へ戻ったあとも順調に進めてこられた。動きは力強くなったよ。リズム良く運べれば、ハナにはこだわらなくていい。東京1600mの重賞だけど、上位争いを。

ノッキングポイント C.ルメール

調教状態

1カ月ほど乗り込み、攻め量は十分。今週は3頭併せの真ん中で抜群の手応えで駆け抜けた。好馬体が目を引くし、動きもダイナミック。万全の態勢が整っている。

厩舎コメント

(重賞でも)太田助手――新馬戦を危なげなく勝ってくれたのは大きかったです。夏はしっかりと休んでフレッシュです。成長力はひと息も、週毎に状態は上がっていますし、重賞でもいい走りを期待しています。できれば良馬場で走らせたいですね。

フロムナウオン 津村明秀

調教状態

デビュー前から調教駆けしていた馬。この中間もダイナミックなフォームで迫力満点の動きを見せている。初戦より馬体が引き締まり、良化は大きい。好仕上がり。

厩舎コメント

(東京向き)手塚師――3週続けて格上と併せてきたし、今週は予定通りの稽古ができて動きも良かった。距離短縮はどうかもワンターンのコースはいい。極端に速い馬場よりも少し時計がかかるのは良さそう。

ブーケファロス 菅原明良

調教状態

左にモタれた分、スッとは加速しなかったが、ゴール前の勢いは上々。馬体の雰囲気も良くなってきた。

厩舎コメント

(差はない)清水英師――前走後は短期放牧でリフレッシュさせた。帰厩後もじっくり乗り込んで態勢は整っている。鞍上も距離が延びて良さそうと言っているように、マイルも問題ない。重賞のメンバーでも楽しみ。

マイネルケレリウス 石川裕紀人

調教状態

もう少し落ち着きは欲しいが、仕掛けるとグイッと伸びて先着。スピード感に溢れる走りで1ハロンは11秒台。脚力の高さを見せつけた。ほぼ万全の仕上がりといえる。

厩舎コメント

(期待)奥村武師――猛暑を避けて北海道へ放牧。1週前の動きはモタモタしていたが、直前は仕掛けてからの反応が抜群で、前走以上の状態と言えそう。ここでの相手関係がどうかに尽きるが、やれると期待している。

ミシェラドラータ 大野拓弥

調教状態

先週、速い時計を出しており、最終追い切りはサラッと伸ばす程度。バネの利いたフットワークで、気分良さそうに走れていた。夏場を使ってきた疲れはなさそう。

厩舎コメント

(距離延ばし)清水久師――一旦は短期で放牧へ。コンスタントに北海道で使いましたが、状態面は変わらずきています。今回は距離を延ばしてみます。

レッドソリッド 三浦皇成

調教状態

大きく先着したのは相手が無理していなかった分。ただ、51秒1の時計は上出来だし、3週続けて併せ馬でビシッとやれているのがいい。力を出せる仕上がりだろう。

近5年は6~7月の新馬勝ちの馬が、2戦目にこのレースを選択して優勝。言わば、超エリートが勝って賞金を加算するレースで、ダノンプレミアム、サリオス、グランアレグリアらが名を連ねる。ただ、昨年は小粒だった。今年もクラシックに直結するかどうかは何とも言えない。

管理人の予想印

◎ ノッキングポイント
○ マイネルケレリウス
▲ ドルチェモア
◇ シルヴァーデューク
△1 フロムナウオン
△2 グラニット
△3 ブーケファロス

◎ノッキングポイント

新馬はラスト600メートルが11秒4→11秒2→11秒1の加速ラップ。中盤のペースダウンを差し引いても、東京でラスト200メートル11秒1は凄く、3馬身差の楽勝だった。ここまでは何ら問題なく、連勝できるだろう。

○マイネルケレリウス

新馬はタイム、上がりともに地味だが、体は小さくてもフットワークは大きく、記録以上に評価できるインパクトがあった。北海道で充電して秋に備えた臨戦も良く、今年のメンバーなら第二の馬に抜擢できる。

▲ドルチェモア

札幌芝1500メートルの新馬で逃げ切った。馬場差とペースを含めて、このレースの評価が難しく、イコール東京芝1600メートルと言うわけにはいかないが、血統面からポテンシャルはあると判断。

◇シルヴァーデューク

新馬組と比べてキャリア2戦のアドバンテージはあるものの、エリート選抜戦において、ワンターンのコースでは経験値はほとんど要求されない。1600メートルへの適性とポテンシャルの差は少し考えたい。

買い目

単勝/複勝

馬連

軸5 相手1、2、4、7、8、9

  • 2022年ジャパンカップ過去データと予想分析はこちら
  • 2022年京都2歳ステークス過去データと予想分析はこちら
  • 2022年京阪杯過去データと予想分析はこちら
馬ランド、無料競馬予想

その他


競馬人気ブログランキング

ウマニティ
にほんブログ村 競馬ブログ データ理論へ
にほんブログ村

おすすめサイト

競馬@予想
依って件の如し
競馬の魅力
ページトップへ