2019年10月15日(火)東京10R山中湖特別の有力馬情報

馬ランド、無料競馬予想記事
更新日時:

グロオルロージュ 期待を裏切ることのない強さ

新馬戦から5走すべてのレースで3着以内。東京は初めての挑戦となるが、追い切り調整も充分にできているため安心だ。父はジャスタウェイ。母のアウトオブタイムは、カブール賞(GⅢ)1着馬。グロオルロージュなら、山中湖特別を差し切れるだろう。距離の問題もないので、確実に獲りに行って欲しい。前々走の南相馬特別をクビ差で敗れたことから、ゴール前の伸びを心配する声もあるが、しっかり休養したので力強い競馬を見せてくれるはず。調教もうまく追えたのでチャンスを掴める。

トミケンボハテル 攻めの姿勢で駆け抜ける

4歳以上500万下クラスに勝利して以降、掲示板に名前が載ったのは2回のみ。まだ目立つ成績を残していないが、この馬の脚質を忘れてはならない。もちろん騎手や状態によっても違うが、先行逃げ切りで勝負できる瞬発力とスピードを備えているため侮れないだろう。父はアドマイヤムーン。母のヴァルネリーナは未出走馬だけに、トミケンボハテルの能力も未知数。前走は出遅れ気味だったが、激しく追ったわけではないため連闘でも疲れは少ないはず。どこまで逃げ切れるかがポイントとなるが、三浦との絆を現わしてもらいたい。

レッドアステル 成長した姿を見せる

ルスツ特別は人気に応え1着。外枠からのスタートだったが、見事に勝ち切れた。夏を越えて落ち着き始めたので、レースに集中できるだろう。父はディープインパクト。母のレッドエルザは未勝利馬だが、レッドアステルなら距離適性も充分だ。前走から引き続き武とコンビを組んで、山中湖特別の勝利を掴む。桜花賞はまだ幼い部分も残っていたが、精神面で成長しているため折り合いも着きやすい。馬体重の増減に注意し、レース展開を見守りたい。

ブラックエンド 前走に引き続き2連勝

前走の3歳以上1勝クラスに勝利し、勢いもある。東京の重馬場を経験してないため、当日の天候は不安材料となるが、思い切って前に出る馬なので安心できる。父はハーツクライ。母のブルーミンバーはオープン馬。ブラックエンドなら、1800mを先着で走り抜けてくれるだろう。安定した競馬を見せてくれるため、今回も見事なゴールを決めてくれるはずだ。古馬に混じってどこまで対応できるか。枠順によって作戦を変更するか。いずれにしても、初めての東京でペースを崩さないことが重要。

結論

東京芝1800mは上りの速さが必要になる。スタートからの先行争いは激しくないので、レッドアステルなら脚を溜めながらチャンスを待てるだろう。ブラックエンドなら、1800mを好走できる。出遅れなければトミケンボハテルの逃げ切りや、グロオルロージュの切れ切れ味も眺められるはずだ。最後の直線は約530m。重馬場でなければ後ろからでも追い込めるが、そこまで余力を残しておけるかどうかも条件となる。

  • 根岸ステークス過去データはこちら
  • シルクロードステークス過去データはこちら
馬ランド、無料競馬予想