2019年10月6日(日)東京11R毎日王冠(GⅡ)の有力馬情報

馬ランド、無料競馬予想記事
更新日時:

ダノンキングリー 強い3歳馬が返ってくる

皐月賞3着。ダービー2着。GⅠこそ獲れてないが、どの馬よりも毎日王冠のタイトルに近い馬だ。共同通信杯は1着の成績を残しているため、古馬との戦いにも一石を投じるだろう。斤量負担も54kgと軽くなり、最後の直線で末脚の強さを示せるはずだ。父はディープインパクト。母のマイグッドネスは6走しか出走していないが、ダノンキングリーに眠る潜在能力は父に迫る勢いを感じられる。1800mなら問題なく走れる。放牧明けからの挑戦でも、ここを勝って天皇賞(秋)へ弾みをつけてもらいたい。

アエロリット 毎日王冠2連覇へ

2018年の毎日王冠を制覇。NHKマイルCを制し、安田記念2着の成績をひっさげての調整となる。父はクロフネ。母のアステリックスは新馬戦にしか出走していないが、アエロリットの距離適性は文句なし。GⅠ馬なので、堂々とした様子をパドックで確かめて欲しい。東京は得意コースなので、思い切りの良い逃げ競馬を見せてくれるはずだ。天候不良の心配もなく、重馬場になっても前残りできるだろう。後続馬に捕まることもなく、高速馬場になれば都合の良い展開になるかもしれない。

インディチャンプ 次のGⅠへ繋げるためのステップ

前走の安田記念は1着。休み明けのマイラーズCで4着に終わっていることから、毎日王冠の成績を不安視する声もあるが、1800mなので問題ないだろう。父はステイゴールド。母のウィルパワーは1000万下の馬だが、成績も悪くない。58kgの斤量負担を背負うが、タイミング良く仕掛けて駆け抜けて欲しい。東京との相性も良く、最後の直線で自慢の末脚を披露してくれるはずだ。GⅠへ向けての調整なので、無理なく流してくる可能性もある。ただ、落ち着いて挑めばチャンスも多いため、インディチャンプのレース運びに注目だ。

モズアコット 隠し味を持つGⅠ馬

近4走は成績も奮ってないが、2018年の安田記念馬。今週の追い切りも好時計なので、本番でもその成果を見せてくれるだろう。父はデビューから負けなしのフランケル。インターナショナルSやチャンピオンSを制したGⅠ馬だ。母のインディアは、コティリオンBCH(GⅡ)1着馬。モズアコットは中距離適性もあり、毎日王冠なら勝負できる。良馬場ならレコードを狙える実力も備えているため、GⅠ馬の本領を発揮してもらいたい。

結論

東京芝1800mは高低差こそ大きくないが、左回りで3つコーナーのある変則的なコースだ。速い上がりを求められるため、アエロリットの逃げ切りに期待できる。3歳馬の連対率が35.3%という数字から考えると、ダノンキングリーは最も有力だろう。最後の直線距離は約530mあり、インディチャンプの差し脚は有利かもしれない。モズアコットは府中にハマる可能性も高いため面白い展開になる。

  • 根岸ステークス過去データはこちら
  • シルクロードステークス過去データはこちら
馬ランド、無料競馬予想