【競馬予想】菊花賞過去結果分析

馬ランド、無料競馬予想記事
更新日時:

2021年10月24日(日) 京都競馬場 芝3000m

牡馬クラシックの最終戦・菊花賞。これまで81回という長い歴史を誇り、昨年のコントレイルなどここで8頭の三冠馬が誕生した。近年の優勝馬ではそのコントレイルのほか、15年のキタサンブラックはその後、天皇賞連覇やジャパンC制覇などの大活躍。また、2018年に7番人気の人気薄で優勝したフィエールマンはその後、同じ淀の長距離戦・天皇賞(春)連覇。2019年のワールドプレミアも今春の天皇賞を制している。今年は果たしてどんな結果が待っているのか、過去の傾向を見てみよう。

日付 単勝配当 複勝配当 枠連 馬連 馬単 3連複 3連単
2020年 110円 110円 510円 910円 1,010円 3,810円 8,740円
2019年 650円 180円 610円 4,680円 7,640円 3,070円 23,510円
2018年 1,450円 450円 1,860円 2,380円 6,010円 16,710円 100,590円
2017年 450円 210円 3,070円 10,660円 15,890円 136,350円 559,700円
2016年 230円 130円 2,960円 3,510円 4,720円 17,550円 69,380円
2015年 1,340円 370円 1,430円 3,870円 9,960円 4,640円 38,880円
2014年 690円 280円 2,310円 2,640円 4,470円 13,340円 59,220円
2013年 160円 110円 420円 950円 1,170円 3,910円 11,750円
2012年 140円 110円 490円 960円 1,140円 4,830円 12,450円
2011年 140円 110円 320円 330円 400円 1,050円 2,190円
日付 着順 馬名 性別 年齢 人気 騎手 斤量 頭数 距離 馬場状態 限定 重量種別 上り3F 馬体重 馬体重増減 所属 調教師 種牡馬 間隔 前走開催 前走レース名 前芝・ダ 前距離 前走馬場状態 前走人気 前走着順 前走上り3F 前騎手 前走斤量 前走頭数 前走馬番 前走走破タイム 前走着差タイム
201025 1 コントレイル 3 1 福永祐一 57 18 芝3000 馬齢 35.2 458 -2 (栗) 矢作芳人 ディープインパクト 4 2名7 神戸新聞G2 2200 1 1 35.6 福永祐一 56 18 2 2125 -0.3
2 アリストテレス 3 4 ルメール 57 35.1 474 8 (栗) 音無秀孝 エピファネイア 5 2名4 小牧特別・2勝 2200 2 1 34.6 M.デム 54 9 1 2119 -0.1
3 サトノフラッグ 3 5 戸崎圭太 57 35.2 490 4 (美) 国枝栄 ディープインパクト 5 4中5 セントラG2 2200 1 2 36.5 戸崎圭太 56 12 9 2153 0.3
191020 1 ワールドプレミア 3 3 武豊 57 35.8 484 12 (栗) 友道康夫 ディープインパクト 4 4阪7 神戸新聞G2 2400 3 3 32.3 武豊 56 8 8 2275 0.7
2 サトノルークス 3 8 福永祐一 57 35.7 470 8 (栗) 池江泰寿 ディープインパクト 5 4中5 セントラG2 2200 8 2 35.5 川田将雅 56 18 2 2118 0.3
3 ヴェロックス 3 1 川田将雅 57 36.2 490 0 (栗) 中内田充 ジャスタウェイ 4 4阪7 神戸新聞G2 2400 2 2 32.5 川田将雅 56 8 5 2273 0.5
181021 1 フィエールマン 3 7 ルメール 57 33.9 480 4 (美) 手塚貴久 ディープインパクト 16 2福2 ラジオNIHG3 1800 1 2 34.4 石橋脩 54 13 6 1462 0.1
2 エタリオウ 3 2 M.デム 57 33.9 472 4 (栗) 友道康夫 ステイゴールド 4 4阪7 神戸新聞G2 2400 3 2 33.9 M.デム 56 10 2 2257 0.1
3 ユーキャンスマイル 3 10 武豊 57 33.9 488 -2 (栗) 友道康夫 キングカメハメハ 9 2新8 阿賀野川1000 2200 2 1 34.2 石橋脩 54 11 2 2109 -0.1
171022 1 キセキ 3 1 M.デム 57 39.6 488 2 (栗) 角居勝彦 ルーラーシップ 4 4阪7 神戸新聞G2 2400 2 2 33.9 M.デム 56 14 5 2249 0.3
2 クリンチャー 3 10 藤岡佑介 57 40.2 482 -8 (栗) 宮本博 ディープスカイ 5 4中5 セントラG2 2200 4 9 34.8 藤岡佑介 56 15 4 2138 1.1
3 ポポカテペトル 3 13 和田竜二 57 40.1 478 -4 (栗) 友道康夫 ディープインパクト 9 2新8 阿賀野川1000 2200 2 1 34.8 岩田康誠 54 12 12 2117 -0.2
161023 1 サトノダイヤモンド 3 1 ルメール 57 34.1 498 -2 (栗) 池江泰寿 ディープインパクト 4 4阪6 神戸新聞G2 2400 1 1 34.2 ルメール 56 15 14 2257 0
2 レインボーライン 3 9 福永祐一 57 34.2 444 2 (栗) 浅見秀一 ステイゴールド 9 2札2 札幌記念G2 2000 4 3 36.3 福永祐一 54 16 2 2021 0.4
3 エアスピネル 3 6 武豊 57 34.6 478 2 (栗) 笹田和秀 キングカメハメハ 4 4阪6 神戸新聞G2 2400 2 5 34.5 武豊 56 15 7 2264 0.7
151025 1 キタサンブラック 3 5 北村宏司 57 35 530 -2 (栗) 清水久詞 ブラックタイド 5 4中5 セントラG2 2200 6 1 34.9 北村宏司 56 15 13 2138 -0.1
2 リアルスティール 3 2 福永祐一 57 35.1 500 -4 (栗) 矢作芳人 ディープインパクト 4 4阪7 神戸新聞G2 2400 1 2 34 福永祐一 56 15 5 2270 0.3
3 リアファル 3 1 ルメール 57 35.3 506 0 (栗) 音無秀孝 ゼンノロブロイ 4 4阪7 神戸新聞G2 2400 3 1 34.1 ルメール 56 15 6 2267 -0.3
141026 1 トーホウジャッカル 3 3 酒井学 57 34.5 484 0 (栗) 谷潔 スペシャルウィーク 4 4阪6 神戸新聞G2 2400 9 3 34.8 酒井学 56 16 2 2244 0
2 サウンズオブアース 3 4 蛯名正義 57 34.4 496 8 (栗) 藤岡健一 ネオユニヴァース 4 4阪6 神戸新聞G2 2400 8 2 34.9 藤岡佑介 56 16 11 2244 0
3 ゴールドアクター 3 7 吉田隼人 57 35 476 -2 (美) 中川公成 スクリーンヒーロー 9 2札1 支笏湖特1000 2600 1 1 34.8 吉田隼人 54 14 7 2442 -0.2
131020 1 エピファネイア 3 1 福永祐一 57 35.9 486 6 (栗) 角居勝彦 シンボリクリスエス 4 4阪7 神戸新聞G2 2400 1 1 34.3 福永祐一 56 18 10 2248 -0.4
2 サトノノブレス 3 5 岩田康誠 57 36.2 494 6 (栗) 池江泰寿 ディープインパクト 4 4阪7 神戸新聞G2 2400 2 3 34.8 岩田康誠 56 18 4 2253 0.5
3 バンデ 3 3 松田大作 57 36.9 490 2 (栗) 矢作芳人 Authorized 3 4阪9 兵庫特H1000 2400 1 1 33.5 松田大作 53 15 2 2278 -1
121021 1 ゴールドシップ 3 1 内田博幸 57 35.9 500 2 (栗) 須貝尚介 ステイゴールド 4 4阪7 神戸新聞G2 2400 1 1 34.5 内田博幸 56 15 14 2252 -0.4
2 スカイディグニティ 3 5 メンディ 57 36.1 486 2 (栗) 友道康夫 ブライアンズタイム 5 4中5 セントラG2 2200 14 2 34.2 四位洋文 56 17 2 2110 0.2
3 ユウキソルジャー 3 7 秋山真一 57 36 436 0 (栗) 服部利之 トーセンダンス 4 4阪7 神戸新聞G2 2400 9 4 36.5 秋山真一 56 15 2 2263 1.1
111023 1 オルフェーヴル 3 1 池添謙一 57 34.6 466 6 (栗) 池江泰寿 ステイゴールド 4 5阪6 神戸新聞G2 2400 1 1 32.8 池添謙一 56 12 7 2283 -0.4
2 ウインバリアシオン 3 2 安藤勝己 57 34.3 516 2 (栗) 松永昌博 ハーツクライ 4 5阪6 神戸新聞G2 2400 2 2 33.2 安藤勝己 56 12 5 2287 0.4
3 トーセンラー 3 3 蛯名正義 57 35.2 436 8 (栗) 藤原英昭 ディープインパクト 5 4中4 セントラG2 2200 3 2 34.1 蛯名正義 56 18 2 2105 0.2
人気 着別度数 勝率連対率複勝率
1番人気6-0-2-2/1060.0%60.0%80.0%
2番人気0-3-0-7/100.0%30.0%30.0%
3番人気2-0-2-6/1020.0%20.0%40.0%
4番人気0-2-0-8/100.0%20.0%20.0%
5番人気1-2-1-6/1010.0%30.0%40.0%
6番人気0-0-1-9/100.0%0.0%10.0%
7番人気1-0-2-7/1010.0%10.0%30.0%
8番人気0-1-0-9/100.0%10.0%10.0%
9番人気0-1-0-9/100.0%10.0%10.0%
10番人気0-1-1-8/100.0%10.0%20.0%
11番人気0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
12番人気0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
13番人気0-0-1-9/100.0%0.0%10.0%
14番人気0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
15番人気0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
16番人気0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
17番人気0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
18番人気0-0-0-10/100.0%0.0%0.0%
前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率
神戸新聞G28-5-4-49/6612.1%19.7%25.8%
セントラG21-3-2-46/521.9%7.7%11.5%
ラジオNIHG31-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
札幌記念G20-1-0-2/30.0%33.3%33.3%
小牧特別・2勝0-1-0-0/10.0%100.0%100.0%
阿賀野川10000-0-2-0/20.0%0.0%100.0%
兵庫特H10000-0-1-6/70.0%0.0%14.3%
支笏湖特10000-0-1-0/10.0%0.0%100.0%
九十九里10000-0-0-5/50.0%0.0%0.0%
新潟記念HG30-0-0-2/20.0%0.0%0.0%
前確定着順 着別度数 勝率連対率複勝率
前走1着6-1-5-41/5311.3%13.2%22.6%
前走2着2-6-3-15/267.7%30.8%42.3%
前走3着2-2-0-17/219.5%19.0%19.0%
前走4着0-0-1-12/130.0%0.0%7.7%
前走5着0-0-1-15/160.0%0.0%6.3%
前走6~9着0-1-0-32/330.0%3.0%3.0%
前走10着~0-0-0-18/180.0%0.0%0.0%
単勝オッズ 着別度数 勝率連対率複勝率
1.0~ 1.43-0-0-0/3100.0%100.0%100.0%
1.5~ 1.91-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
2.0~ 2.91-0-1-1/333.3%33.3%66.7%
3.0~ 3.90-1-1-2/40.0%25.0%50.0%
4.0~ 4.91-1-0-1/333.3%66.7%66.7%
5.0~ 6.92-0-0-5/728.6%28.6%28.6%
7.0~ 9.90-2-0-3/50.0%40.0%40.0%
10.0~14.92-0-2-15/1910.5%10.5%21.1%
15.0~19.90-1-1-12/140.0%7.1%14.3%
20.0~29.90-4-2-16/220.0%18.2%27.3%
30.0~49.90-1-3-17/210.0%4.8%19.0%
50.0~99.90-0-0-34/340.0%0.0%0.0%
100.0~0-0-0-44/440.0%0.0%0.0%
騎手 着別度数 勝率連対率複勝率
福永祐一2-3-0-5/1020.0%50.0%50.0%
ルメール2-1-1-2/633.3%50.0%66.7%
M.デム1-1-0-5/714.3%28.6%28.6%
武豊1-0-2-5/812.5%12.5%37.5%
池添謙一1-0-0-8/911.1%11.1%11.1%
北村宏司1-0-0-3/425.0%25.0%25.0%
酒井学1-0-0-2/333.3%33.3%33.3%
内田博幸1-0-0-2/333.3%33.3%33.3%
蛯名正義0-1-1-4/60.0%16.7%33.3%
岩田康誠0-1-0-9/100.0%10.0%10.0%
枠番 着別度数 勝率連対率複勝率
1枠2-0-1-17/2010.0%10.0%15.0%
2枠4-2-0-14/2020.0%30.0%30.0%
3枠1-0-0-19/205.0%5.0%5.0%
4枠0-0-1-19/200.0%0.0%5.0%
5枠0-2-3-15/200.0%10.0%25.0%
6枠1-2-0-17/205.0%15.0%15.0%
7枠2-3-4-21/306.7%16.7%30.0%
8枠0-1-1-28/300.0%3.3%6.7%
前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率
3F 1位6-3-3-35/4712.8%19.1%25.5%
3F 2位3-3-3-16/2512.0%24.0%36.0%
3F 3位0-2-2-15/190.0%10.5%21.1%
3F ~5位0-1-0-24/250.0%4.0%4.0%
3F 6位~1-1-2-59/631.6%3.2%6.3%
脚質上り 着別度数 勝率連対率複勝率
平地・逃げ0-0-1-12/130.0%0.0%7.7%
平地・先行4-5-3-26/3810.5%23.7%31.6%
平地・中団5-4-5-66/806.3%11.3%17.5%
平地・後方0-1-1-45/470.0%2.1%4.3%
平地・マクリ1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%
馬体重 着別度数 勝率連対率複勝率
~399kg0-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
400~419kg0-0-0-0/0   
420~439kg0-0-2-5/70.0%0.0%28.6%
440~459kg1-1-0-20/224.5%9.1%9.1%
460~479kg1-3-3-38/452.2%8.9%15.6%
480~499kg6-4-4-58/728.3%13.9%19.4%
500~519kg1-2-1-17/214.8%14.3%19.0%
520~539kg1-0-0-10/119.1%9.1%9.1%
540~0-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
斤量 着別度数 勝率連対率複勝率
53.5~55kg0-0-0-1/10.0%0.0%0.0%
55.5~57kg10-10-10-149/1795.6%11.2%16.8%
種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率
ディープインパクト4-3-3-26/3611.1%19.4%27.8%
ステイゴールド2-2-0-13/1711.8%23.5%23.5%
ルーラーシップ1-0-0-6/714.3%14.3%14.3%
シンボリクリスエス1-0-0-4/520.0%20.0%20.0%
ブラックタイド1-0-0-3/425.0%25.0%25.0%
スペシャルウィーク1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%
ハーツクライ0-1-0-12/130.0%7.7%7.7%
ネオユニヴァース0-1-0-5/60.0%16.7%16.7%
ディープスカイ0-1-0-1/20.0%50.0%50.0%
ブライアンズタイム0-1-0-0/10.0%100.0%100.0%

1番人気は安定も、人気馬同士の決着は少ない

過去10年、1番人気は複勝率80.0%と安定した成績だが、1番人気以外の上位人気には特筆すべきものはない。3番人気以内馬のワンツー決着は過去10年で2011年の1回のみ。単勝1.1倍のコントレイルが優勝した昨年も、同10倍台前半の2、3番人気は圏外に敗退し、20倍以上の4、5番人気馬が2、3着に入って3連単8740円をつけている。その3連単が大きく荒れたのは2017年くらいだが、人気馬に偏りすぎない狙いが必要だ。

【上位馬の人気と主な配当(過去10年)】

年 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
1着人気 1 1 1 3 5 1 1 7 3 1
2着人気 2 5 5 4 2 9 10 2 8 4
3着人気 3 7 3 7 1 6 13 10 1 5
単勝 140円 140円 160円 690円 1,340円 230円 450円 1,450円 650円 110円
馬連 330円 960円 950円 2,640円 3,870円 3,510円 10,660円 2,380円 4,680円 910円
馬単 400円 1,140円 1,170円 4,470円 9,960円 4,720円 15,890円 6,010円 7,640円 1,010円
3連複 1,050円 4,830円 3,910円 13,340円 4,640円 17,550円 136,350円 16,710円 3,070円 3,810円
3連単 2,190円 12,450円 11,750円 59,220円 38,880円 69,380円 559,700円 100,590円 23,510円 8,740円

神戸新聞杯6着以下からの巻き返しはない

走レース別では、神戸新聞杯組が【8.5.4.49】連対率19.7%、セントライト記念組が【1.3.2.46】同7.7%。全出走馬の3分の2ほどをこの2レースで占めているが、結果は圧倒的に神戸新聞杯組が優勢だ。  その神戸新聞杯組の同レース着順別成績を見ると、好走馬の中心は3着以内だった馬。特に優勝馬が出走してくれば、勝率71.4%、複勝率85.7%と抜群の好成績を残している。神戸新聞杯4~5着馬は好走しても3着まで、そして6着以下だった馬は馬券圏内なし。重要なステップレースで大きく負けているようでは、巻き返しは困難だ。また、菊花賞での人気別成績も1~3番人気【8.3.2.7】、4~5番人気【0.2.0.7】、6番人気以下【0.0.2.35】と、神戸新聞杯での好走を受けて上位人気に支持された馬が人気通りの走りを見せることが多い。

【神戸新聞杯組の前走着順別成績(過去10年)】

前走着順 成績 勝率 連対率 複勝率
1着 5-0-1-1 71.4% 71.4% 85.7%
2着 1-4-1-4 10.0% 50.0% 60.0%
3着 2-1-0-6 22.2% 33.3% 33.3%
4~5着 0-0-2-13 0.0% 0.0% 13.3%
6着以下 0-0-0-25 0.0% 0.0% 0.0%

神戸新聞杯組以外は前走連対馬

神戸新聞杯組の好走が多いレースだが、表にあるように、その他の組も毎年最低1頭は馬券に絡んでおり、完全には無視できない。この組で3着以内に入った12頭を見ると、レインボーライン(前走3着)とクリンチャー(同9着)以外は、前走で連対してきた馬。また、1000万条件なら2200m以上のレースを勝ってきていることが条件になる。2017年のような極端な道悪になればクリンチャーのような馬も浮上する可能性はあるが、良馬場なら基本的には前走好走馬に絞りたい。

【前走神戸新聞杯以外からの好走馬(過去10年)】

年 馬名 人気 着順 前走 前走人気 前走着順
11 トーセンラー 3 3 セントライト記念 3 2
12 スカイディグニティ 5 2 セントライト記念 14 2
13 バンデ 3 3 兵庫特別 1 1
14 ゴールドアクター 7 3 支笏湖特別 1 1
15 キタサンブラック 5 1 セントライト記念 6 1
16 レインボーライン 9 2 札幌記念 4 3
17 クリンチャー 10 2 セントライト記念 4 9
ポポカテペトル 13 3 阿賀野川特別 2 1
18 フィエールマン 7 1 ラジオNIKKEI賞 1 2
ユーキャンスマイル 10 3 阿賀野川特別 2 1
19 サトノルークス 8 2 セントライト記念 8 2
20 アリストテレス 4 2 小牧特別 2 1
サトノフラッグ 5 3 セントライト記念 1 2

栗東坂路の人気馬は安定

過去10年の出走馬の追い切りを分析すると、好走馬の多くは関西馬・栗東での追い切り馬。数の多い栗東組の取捨が重要だ。  その大半を占める栗東坂路とCWを比較すると、好走確率が高いのは坂路組。特に、栗東坂路追い切り馬が1~3番人気に推されると、複勝率72.7%の好成績(追い切りコースを問わない1~3番人気全馬は同50.0%)を残しており、ここ2年はワールドプレミアとコントレイルが優勝している。一方CW組は好走時の2~3着止まりが多い傾向だ。

【主な追い切りコース別成績(過去10年)】

コース 成績 勝率 連対率 複勝率 1~3番人気 過去5年(全人気)
栗東坂路 5-3-3-32 11.6% 18.6% 25.6% 5-1-2-3 2-2-1-13
栗東CW 2-7-5-76 2.2% 10.0% 15.6% 1-2-2-7 1-3-3-38
栗東芝 2-0-0-3 40.0% 40.0% 40.0% 2-0-0-1 1-0-0-1
美浦南W 1-0-2-31 2.9% 2.9% 8.8% 0-0-0-4 1-0-1-21
美浦南坂 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0% 0-0-0-0 0-0-0-1

アサマノイタズラ 田辺裕信

調教状態

1週前に攻め駆けする相手を追走してしっかり負荷はかけている。今週は格下を追走して楽に同入。スムーズに折り合って、力強さも抜群。好調持続。

厩舎コメント

(好調キープ)手塚師――前走はひと息入れて休養させた効果があって状態が良かった。レース後の疲れも問題なく、いい仕上がり。初めての関西遠征があるので今週は余裕を持たせたけど、動きも良かったからね。

アリーヴォ M.デムーロ

調教状態

(ノーザンFしがらきから9月25日に帰厩)前2週、コースで速い時計を出しており、最終追い切りは坂路でサッと。張りのいい馬体は久々を感じさせないし、手足の運びも素軽い。いい仕上がりで臨めそう。

厩舎コメント

(どれだけやれるか)杉山晴師――先々週、先週とCWコースで負荷をかけているので、今週は坂路でサッと。イメージ通りに順調にきています。トモの非力な面があるので、良馬場がいいですね。力をつけていますし、GⅠのメンバーでどれだけ戦えるか楽しみです。

エアサージュ 藤岡佑介

調教状態

(ノーザンF空港から9月25日に帰厩)大きなトビでゆったりとしたフォーム。いかにも長丁場が向いていそうな雰囲気はある。手一杯には追われていないが、順調に稽古を消化。馬体にも緩みは見られず、仕上がりはいい。

オーソクレース C.ルメール

調教状態

ひと叩きされたことで行きっぷりが見違えるほど良くなり、追走して最後まで余力も十分。一杯一杯だった前回とは大違い。ひと叩きの上積みはかなり大きい。

厩舎コメント

(落ち着き鍵)池内助手――長休明けの前走が悪くない内容でした。ただ、レースまでの過程で幼い面を見せていたので、馬運車の積み方などを工夫する予定です。稽古は2週続けてルメール騎手が乗りましたが、息遣いは先週よりも楽でしたし、いいコンディションで送り出せそうです。あとは当日の落ち着きが鍵ですね。

グラティアス 松山弘平

調教状態

ひと叩きされたことで馬体が引き締まり、前回以上に前向きさが出てきたか。最後まで滑らかな脚捌きで、好時計を馬なりでマーク。気合も乗って、上積みは十分か。

厩舎コメント

(好仕上がり)加藤征師――前走は本来なら落ち着かせたい1角で、2頭にこすられる形になって、そこからずっと掛かっていた。それで厳しいレースになってしまったね。先週はしっかり追い切っているので、直前は単走でサッとやった。テンションを上げたくないし、長距離輸送もあるのでこれで十分。いい感じで仕上がった。

ステラヴェローチェ 吉田隼人

調教状態

遅れてしまったが、大きく追走してのもの。無理もしていなかったので、それほど心配はない。1週前のコース追いは上々。ひと叩きされて馬体も引き締まってきているだけに、順当に上積みを見込んでいいのでは。

厩舎コメント

(折合えば)須貝尚師――夏を越してパワーアップ。前走は期待通りのレースだったよ。使ったあとは回復が早かったことが何より。今回は初の3000m、それに阪神で2度の坂があるけど、道中でリラックスして走れれば。

セファーラジエル 鮫島克駿

調教状態

頭が高め。フットワークもワンペースに見えたが、ラストは驚きの11秒5。ゆったりした気性も長距離向きか。折り合いもスムーズで叩き良化。

タイトルホルダー 横山武史

調教状態

メンコにアイシールドとクロス鼻革。大きく前を行く馬との差を内から詰めたあと、少し後方で折り合いをつけてから並びかけた。体中にいい汗をかいており、大トビでゆったりとしたフォーム。好気配を示した。

厩舎コメント

(弾む動き)栗田徹師――輸送など考慮して気持ちに余裕を持たせる意味でも、直前はやり過ぎないよう坂路で調整。弾むフットワークで心身のバランスが整っている。未知の距離だが、心肺機能の高さは以前から感じている馬。いいレースを見せてほしい。

ディープモンスター 武豊

調教状態

(吉澤ステーブルWESTから9月24日に帰厩)先週同様テンに掛かったが、今週は軽快に伸びてラストは11秒3を楽にマーク。馬体は春とそう変わらないが、大トビでダイナミックなフォームだけに硬い馬場なら怖い。

ディヴァインラヴ 福永祐一

調教状態

この馬としてはハミ受けがスムーズだったし、推進力のある走り。少しずつ気性が大人になっている。

ノースザワールド 和田竜二

調教状態

朝イチの馬場とはいえ、大外を回って楽に好時計をマーク。大トビで切れはないが推進力は十分。心肺機能も強そうで、消耗戦&スタミナ勝負が良さそう。

モンテディオ 横山和生

調教状態

予定通りの調整過程。いくらか落ち着きが出てきたし、いいアウトライン。この馬なりのデキ。

レッドジェネシス 川田将雅

調教状態

今週は息を整える程度。少し硬い感じはあったが、ピッチが利いていた。その分道悪はいいのだろう。毛ヅヤがピカピカで筋肉の凹凸がはっきりしてボディは長距離仕様。好調を維持。

厩舎コメント

(距離大丈夫)友道師――前回のような緩い馬場は決して得意とは思いませんが、有力馬が苦にした分の差が出た感じ。折り合いがつくので3000mでも問題ないでしょうし、パワーが要求される阪神で施行されるのも好材料。スタミナ比べの展開になれば。

ロードトゥフェイム 丹内祐次

調教状態

先行しての先着で時計も強調するほどではないが、左チークピースでバランスが良く、数字以上の素軽さはあった。好調持続と見ていいのだろう。

ワールドリバイバル 津村明秀

調教状態

折り合いをつけて、マイペースで気分良さそうに登坂。馬体のボリューム感も十分。体調面での不安はない。

ヴァイスメテオール 丸山元気

調教状態

(ノーザンF天栄から9月19日に帰厩)1週前にステルヴィオと中身の濃い併せ馬を消化したことで気持ちが入ってきた。今週は最後まで楽な手応えで同入。バランスが良く、力強さも十分。態勢は整った。

厩舎コメント

(折合次第)太田助手――ぶっつけ本番ですが、調整の時間は長くもらいました。最終追い切りは3頭併せの真ん中でも折り合いがついて、最後も能動的に走れていて良かったです。夏を越してのんびりした面は薄れてきましたが、スムーズに折り合えれば3000mも何とかなると思います。

ヴィクティファルス 池添謙一

調教状態

いつも通り少し頭は高いが、手足の運びがリズミカルで躍動感たっぷり。1週前はCWで6ハロン80秒割れの好時計。ピンと張り詰めた好馬体も目につき、デキは上々。

ヴェローチェオロ 幸英明

調教状態

大きく先行していたとはいえ、ステラヴェローチェに先着。持ったままでスーッと伸びたゴール前の脚は、なかなか良かった。馬体も充実。中1週でも疲れなし。

不良馬場で行われた神戸新聞杯を勝利したステラヴェローチェ。皐月賞、日本ダービーと3着で、最後の一冠はモノにしたい。  ホープフルSの2着馬オーソクレースは、約9カ月ぶりの競馬となったセントライトで3着。上積みは大きく、最後のクラシックを勝ちたいものだ。  レッドジェネシスは前走・神戸新聞杯で2着。春には京都新聞杯を勝っており、長い距離での実績があり、この舞台で面白い。

そのほかセントライト記念を勝ったアサマノイタズラ、皐月賞2着馬タイトルホルダー、ラジオNIKKEI賞の勝ち馬ヴァイスメテオール、スプリンングS勝ちの実績があるヴィクティファルス、神戸新聞杯の3着馬モンテディオ、2月にすみれSを快勝したディープモンスターなどが出走を予定している。

アサマノイタズラ

バランスが良くなり春より筋肉の量も増えてきている。柔らかみがあり背中が良い馬なので今後も期待出来る一頭。繋ぎはやや長く、寝ている感じなので良馬場である事が重要になってくる。筋肉がついてきているのに馬体重の数値が春と変わらないのは本格化してきて無駄のない馬体に仕上げられたのだと考える。距離はやや長いが枠を活かして最短距離で折り合えば再度切れる脚を使えるだろう。

タイトルホルダー

肩がしっかりしていて、背中とトモにかけてのラインが良い。馬体を見る限り中距離あたりが適性ではないかと考えるが柔らかみがあるので融通は利く可能性はある。関節はまだしっかりしていない感じで幼さが見えるので、まだまだ伸びしろがあるのではないかと考える。馬場は渋った方が走りやすそうな馬体をしている。

レッドジェネシス

全てのパーツが強く見える中に、しっかりまとまりがある。特に背中から腰のラインが強く見え素晴らしい馬体。繋ぎの長さ、角度、無駄のないコンパクトな馬体の造りを見る限り重馬場は有利に走れるとであろうし距離もこなせそう。

ディープモンスター

ディープインパクト産駒らしい、柔らかさが見え、筋肉の質感も素晴らしい。馬体重の数字より脚長に見え、小さく見せない。全体的なバランスで比較すると首や脚がやや長めで、長距離に向いた馬体に見える。春から直行だが、それが功を奏して背中の張りがあり状態が良く見えるので再度期待したい一頭。

ステラヴェローチェ

元々スケールのある雄大な馬体をしていて、全体的なバランスは春から良い意味で変化は無い。脚長で胴長、それでありながら胴はしっかり身が詰まり、前駆や後駆の筋肉量や骨量も充分。馬体からするとステイヤーと言い難いが、背中や筋肉の張りなどを見ても疲れは無く状態は良く見える。

グラティアス

脚長で重心がやや前寄りな馬体をしている。仕上がり的には前走より張りが出てきて状態は上向いていると考える。

ヴィクティファルス

柔らかい筋肉を必要な箇所にだけ豊富に付けていて、馬体重以上にスケール感がある。胴長だがしっかりとした腹袋を構え、かつ皮下脂肪が薄く見える馬体で3,000mという舞台は問題無いだろう。状態面も良好で素晴らしい馬体。

オーソクレース

背中から腰のライン、トモの形が母マリアライトに似ていてコンパクトで体全体を上手に使って走れそうな馬体をしている。筋肉の張りは良化し、腹回りはうっすらとアバラが浮き上がり3,000mを走るには問題無い仕上がりとなっている。馬体的には距離は問題無いと考える。

菊花賞は3,000mという距離を走れそうなステイヤー的な馬体をした馬が有利になってくると考えている。今回はそれに加え、当日の馬場が良馬場になると予想して、良馬場適性と仕上がりに重視してみた。

管理人の予想印

◎(17)ヴィクティファルス
○(2)アサマノイタズラ
▲(14)ステラヴェローチェ
△(18)オーソクレース
×(7)ディープモンスター

買い目

馬連

17、2、14、18、7

馬単

1着 17、2、14
2着 17、2、14、18、7

3連複

17、2、14、18、7

3連単

1着 17、2
2着 17、2、14、18、7 3着 17、2、14、18、7

10月25日(日)京都競馬場芝3000m

牡馬クラシックの最終戦・菊花賞。これまで80回という長い歴史を誇り、ここで7頭の三冠馬が誕生した。近年の優勝馬では、15年のキタサンブラックがその後、天皇賞連覇やジャパンC制覇などの大活躍。また、一昨年に7番人気の人気薄で優勝したフィエールマンはその後、同じ淀の長距離戦・天皇賞(春)連覇を飾っている。今年は史上8頭目の三冠、そして3頭目となる無敗での三冠制覇をかけてコントレイルが出走予定。果たしてどんな結果が待っているのか、過去の傾向を見てみよう。

枠番 馬番 馬名 性別 年齢 前走 2走前 3走前 4走前 5走前
1 1 ディアマンミノル 3

1着
10月10日
京都2400m不
1番人気
高雄特H1000

1着
9月21日
中京2200m良
3番人気
金山特別500

6着
6月13日
阪神2400m稍
3番人気
甲武特別500

3着
5月23日
京都2400m良
5番人気
メルボル500*

11着
5月2日
東京2400m良
12番人気
青葉賞G2

2 ガロアクリーク 3

3着
9月21日
中山2200m良
2番人気
セントラG2

6着
5月31日
東京2400m良
7番人気
東京優駿G1

3着
4月19日
中山2000m稍
8番人気
皐月賞G1

1着
3月22日
中山1800m良
6番人気
スプリンG2

4着
3月1日
中山2200m良
6番人気
水仙賞500*

2 3 コントレイル 3

1着
9月27日
中京2200m良
1番人気
神戸新聞G2

1着
5月31日
東京2400m良
1番人気
東京優駿G1

1着
4月19日
中山2000m稍
1番人気
皐月賞G1

1着
12月28日
中山2000m良
1番人気
ホープフG1

1着
11月16日
東京1800m良
1番人気
東京スポG3

4 マンオブスピリット 3

9着
9月27日
中京2200m良
9番人気
神戸新聞G2

16着
5月31日
東京2400m良
16番人気
東京優駿G1

2着
5月9日
京都2200m良
3番人気
京都新聞G2

1着
2月22日
京都1800m重
2番人気
つばき賞500*

1着
11月17日
京都1800m良
6番人気
未勝利*

3 5 サトノインプレッサ 3

10着
10月11日
東京1800m稍
2番人気
毎日王冠G2

4着
5月31日
東京2400m良
9番人気
東京優駿G1

13着
5月10日
東京1600m良
3番人気
NHKマG1

1着
3月28日
阪神1800m稍
2番人気
毎日杯G3

1着
2月16日
京都1600m重
2番人気
こぶし賞500*

6 ヴェルトライゼンデ 3

2着
9月27日
中京2200m良
3番人気
神戸新聞G2

3着
5月31日
東京2400m良
10番人気
東京優駿G1

8着
4月19日
中山2000m稍
4番人気
皐月賞G1

2着
3月22日
中山1800m良
1番人気
スプリンG2

2着
12月28日
中山2000m良
3番人気
ホープフG1

4 7 ダノングロワール 3

1着
9月26日
中山2500m稍
2番人気
九十九里1000

1着
6月21日
東京2400m稍
1番人気
500万下

3着
4月25日
東京2300m良
1番人気
新緑賞500*

1着
2月1日
東京2400m良
1番人気
未勝利

4着
11月30日
中山2000m良
1番人気
未勝利*

8 ディープボンド 3

4着
9月27日
中京2200m良
4番人気
神戸新聞G2

5着
5月31日
東京2400m良
8番人気
東京優駿G1

1着
5月9日
京都2200m良
4番人気
京都新聞G2

10着
4月19日
中山2000m稍
18番人気
皐月賞G1

2着
4月4日
阪神2400m良
4番人気
アザレア500*

5 9 アリストテレス 3

1着
9月20日
中京2200m良
2番人気
小牧特別1000

1着
8月2日
新潟2000m良
1番人気
出雲崎特500

6着
5月9日
東京2000m良
4番人気
プリンシ(L)

2着
3月1日
阪神2200m良
2番人気
すみれS(L)

2着
1月26日
京都2000m良
4番人気
若駒S(L)

10 サトノフラッグ 3

2着
9月21日
中山2200m良
1番人気
セントラG2

11着
5月31日
東京2400m良
4番人気
東京優駿G1

5着
4月19日
中山2000m稍
2番人気
皐月賞G1

1着
3月8日
中山2000m重
2番人気
弥生賞G2

1着
1月5日
中山2000m良
1番人気
500万下*

6 11 バビット 3

1着
9月21日
中山2200m良
4番人気
セントラG2

1着
7月5日
福島1800m稍
8番人気
ラジオNIHG3

1着
5月23日
新潟1800m良
5番人気
早苗賞500*

1着
4月26日
福島2000m良
1番人気
未勝利

2着
12月14日
阪神2000m良
5番人気
未勝利*

12 レクセランス 3

7着
9月27日
中京2200m良
13番人気
神戸新聞G2

15着
5月31日
東京2400m良
18番人気
東京優駿G1

11着
4月19日
中山2000m稍
9番人気
皐月賞G1

1着
3月1日
阪神2200m良
1番人気
すみれS(L)

1着
1月5日
京都2000m良
3番人気
福寿草特500*

7 13 ロバートソンキー 3

3着
9月27日
中京2200m良
14番人気
神戸新聞G2

2着
8月8日
新潟1800m重
1番人気
500万下

1着
5月30日
東京1600m良
3番人気
未勝利

5着
6月30日
福島1800m不
1番人気
新馬

   
14 ヴァルコス 3

5着
9月21日
中山2200m良
5番人気
セントラG2

14着
5月31日
東京2400m良
6番人気
東京優駿G1

2着
5月2日
東京2400m良
4番人気
青葉賞G2

1着
3月14日
阪神2400m稍
2番人気
ゆきやな500*

4着
2月2日
東京1800m良
3番人気
セントポ500*

15 ブラックホール 3

9着
8月23日
札幌2000m良
4番人気
札幌記念G2

7着
5月31日
東京2400m良
17番人気
東京優駿G1

9着
4月19日
中山2000m稍
12番人気
皐月賞G1

4着
3月8日
中山2000m重
4番人気
弥生賞G2

9着
12月28日
中山2000m良
5番人気
ホープフG1

8 16 ターキッシュパレス 3

5着
9月27日
中京2200m良
17番人気
神戸新聞G2

1着
8月9日
新潟2000m不
2番人気
信濃川H1000

6着
7月18日
阪神2000m良
6番人気
能勢特別1000

1着
7月12日
阪神1800m稍
7番人気
500万下

8着
2月22日
京都1800m重
8番人気
つばき賞500*

17 キメラヴェリテ 3

13着
10月3日
中京1900m良
11番人気
シリウスHG3

15着
6月6日
阪神2000m良
6番人気
鳴尾記念G3

17着
4月19日
中山2000m稍
10番人気
皐月賞G1

2着
3月21日
阪神2000m良
10番人気
若葉S(L)

14着
2月23日
東京1600m良
10番人気
ヒヤシン(L)

18 ビターエンダー 3

11着
9月27日
中京2200m良
6番人気
神戸新聞G2

10着
5月31日
東京2400m良
13番人気
東京優駿G1

1着
5月9日
東京2000m良
2番人気
プリンシ(L)

14着
4月19日
中山2000m稍
11番人気
皐月賞G1

2着
2月16日
東京1800m稍
4番人気
共同通信G3

日付 単勝配当 複勝配当 枠連 馬連 馬単 3連複 3連単
2019年 650円 180円 610円 4,680円 7,640円 3,070円 23,510円
2018年 1,450円 450円 1,860円 2,380円 6,010円 16,710円 100,590円
2017年 450円 210円 3,070円 10,660円 15,890円 136,350円 559,700円
2016年 230円 130円 2,960円 3,510円 4,720円 17,550円 69,380円
2015年 1,340円 370円 1,430円 3,870円 9,960円 4,640円 38,880円
2014年 690円 280円 2,310円 2,640円 4,470円 13,340円 59,220円
2013年 160円 110円 420円 950円 1,170円 3,910円 11,750円
2012年 140円 110円 490円 960円 1,140円 4,830円 12,450円
2011年 140円 110円 320円 330円 400円 1,050円 2,190円
2010年 2,320円 470円 1,910円 2,170円 7,440円 46,410円 338,840円
日付 着順 馬名 性別 年齢 騎手 斤量 斤量体重比 枠番 馬番 頭数 人気 距離 馬場状態 天気 所属 調教師 走破タイム 決め手 脚質 Ave-3F 上り3F順 馬体重 種牡馬 前走日付 前走場所 前走レース名 前走着順 前騎手 前走人気 前距離
191020 1 ワールドプレミア 3 武豊 57 11.8 3 5 18 3 芝3000 (栗) 友道康夫 3.06.0 差し 中団 37.55 3 484 ディープインパクト 190922 阪神 神戸新聞G2 3 武豊 3 芝2400良
2 サトノルークス 3 福永祐一 57 12.1 7 14 8 (栗) 池江泰寿 3.06.0 差し 中団 37.58 1 470 ディープインパクト 190916 中山 セントラG2 2 川田将雅 8 芝2200重
3 ヴェロックス 3 川田将雅 57 11.6 7 13 1 (栗) 中内田充 3.06.2 先行 先行 37.5 5 490 ジャスタウェイ 190922 阪神 神戸新聞G2 2 川田将雅 2 芝2400良
181021 1 フィエールマン 3 ルメール 57 11.9 6 12 7 (美) 手塚貴久 3.06.1 差し 中団 38.05 1 480 ディープインパクト 180701 福島 ラジオNIHG3 2 石橋脩 1 芝1800良
2 エタリオウ 3 M.デム 57 12.1 5 9 2 (栗) 友道康夫 3.06.1 差し 中団 38.05 1 472 ステイゴールド 180923 阪神 神戸新聞G2 2 M.デム 3 芝2400良
3 ユーキャンスマイル 3 武豊 57 11.7 4 7 10 (栗) 友道康夫 3.06.3 差し 中団 38.1 1 488 キングカメハメハ 180819 新潟 阿賀野川1000 1 石橋脩 2 芝2200良
171022 1 キセキ 3 M.デム 57 11.7 7 13 1 (栗) 角居勝彦 3.18.9 差し 中団 39.83 1 488 ルーラーシップ 170924 阪神 神戸新聞G2 2 M.デム 2 芝2400良
2 クリンチャー 3 藤岡佑介 57 11.8 2 4 10 (栗) 宮本博 3.19.2 先行 先行 39.75 4 482 ディープスカイ 170918 中山 セントラG2 9 藤岡佑介 4 芝2200良
3 ポポカテペトル 3 和田竜二 57 11.9 7 14 13 (栗) 友道康夫 3.19.2 先行 先行 39.78 3 478 ディープインパクト 170820 新潟 阿賀野川1000 1 岩田康誠 2 芝2200良
161023 1 サトノダイヤモンド 3 ルメール 57 11.4 2 3 1 (栗) 池江泰寿 3.03.3 差し 中団 37.3 1 498 ディープインパクト 160925 阪神 神戸新聞G2 1 ルメール 1 芝2400良
2 レインボーライン 3 福永祐一 57 12.8 6 11 9 (栗) 浅見秀一 3.03.7 差し 中団 37.38 2 444 ステイゴールド 160821 札幌 札幌記念G2 3 福永祐一 4 芝2000稍
3 エアスピネル 3 武豊 57 11.9 7 13 6 (栗) 笹田和秀 3.03.7 差し 中団 37.28 4 478 キングカメハメハ 160925 阪神 神戸新聞G2 5 武豊 2 芝2400良
151025 1 キタサンブラック 3 北村宏司 57 10.8 2 4 5 (栗) 清水久詞 3.03.9 差し 中団 37.23 1 530 ブラックタイド 150921 中山 セントラG2 1 北村宏司 6 芝2200良
2 リアルスティール 3 福永祐一 57 11.4 6 11 2 (栗) 矢作芳人 3.03.9 差し 中団 37.2 2 500 ディープインパクト 150927 阪神 神戸新聞G2 2 福永祐一 1 芝2400良
3 リアファル 3 ルメール 57 11.3 8 17 1 (栗) 音無秀孝 3.04.0 先行 先行 37.18 4 506 ゼンノロブロイ 150927 阪神 神戸新聞G2 1 ルメール 3 芝2400良
141026 1 トーホウジャッカル 3 酒井学 57 11.8 1 2 3 (栗) 谷潔 3.01.0 先行 先行 36.63 2 484 スペシャルウィーク 140928 阪神 神戸新聞G2 3 酒井学 9 芝2400良
2 サウンズオブアース 3 蛯名正義 57 11.5 2 4 4 (栗) 藤岡健一 3.01.1 先行 先行 36.68 1 496 ネオユニヴァース 140928 阪神 神戸新聞G2 2 藤岡佑介 8 芝2400良
3 ゴールドアクター 3 吉田隼人 57 12 5 10 7 (美) 中川公成 3.01.7 差し 中団 36.68 6 476 スクリーンヒーロー 140823 札幌 支笏湖特1000 1 吉田隼人 1 芝2600良
131020 1 エピファネイア 3 福永祐一 57 11.7 2 3 1 (栗) 角居勝彦 3.05.2 先行 先行 37.33 2 486 シンボリクリスエス 130922 阪神 神戸新聞G2 1 福永祐一 1 芝2400良
2 サトノノブレス 3 岩田康誠 57 11.5 7 14 5 (栗) 池江泰寿 3.06.0 先行 先行 37.45 4 494 ディープインパクト 130922 阪神 神戸新聞G2 3 岩田康誠 2 芝2400良
3 バンデ 3 松田大作 57 11.6 5 10 3 (栗) 矢作芳人 3.06.0 逃げ 逃げ 37.28 8 490 Authorized 130929 阪神 兵庫特H1000 1 松田大作 1 芝2400良
121021 1 ゴールドシップ 3 内田博幸 57 11.4 1 1 1 (栗) 須貝尚介 3.02.9 マクリ マクリ 36.75 1 500 ステイゴールド 120923 阪神 神戸新聞G2 1 内田博幸 1 芝2400良
2 スカイディグニティ 3 メンディ 57 11.7 8 16 5 (栗) 友道康夫 3.03.2 先行 先行 36.78 3 486 ブライアンズタイム 120917 中山 セントラG2 2 四位洋文 14 芝2200良
3 ユウキソルジャー 3 秋山真一 57 13.1 7 15 7 (栗) 服部利之 3.03.5 差し 中団 36.88 2 436 トーセンダンス 120923 阪神 神戸新聞G2 4 秋山真一 9 芝2400良
111023 1 オルフェーヴル 3 池添謙一 57 12.2 7 14 1 (栗) 池江泰寿 3.02.8 先行 先行 37.05 2 466 ステイゴールド 110925 阪神 神戸新聞G2 1 池添謙一 1 芝2400良
2 ウインバリアシオン 3 安藤勝己 57 11 7 13 2 (栗) 松永昌博 3.03.2 追込 後方 37.23 1 516 ハーツクライ 110925 阪神 神戸新聞G2 2 安藤勝己 2 芝2400良
3 トーセンラー 3 蛯名正義 57 13.1 1 1 3 (栗) 藤原英昭 3.03.5 差し 中団 37.08 4 436 ディープインパクト 110918 中山 セントラG2 2 蛯名正義 3 芝2200良
101024 1 ビッグウィーク 3 川田将雅 57 12.7 3 6 7 小雨 (栗) 長浜博之 3.06.1 先行 先行 37.93 8 450 バゴ 100926 阪神 神戸新聞G2 3 川田将雅 5 芝2400良
2 ローズキングダム 3 武豊 57 12.3 5 10 1 (栗) 橋口弘次 3.06.3 差し 中団 38.1 2 464 キングカメハメハ 100926 阪神 神戸新聞G2 1 武豊 2 芝2400良
3 ビートブラック 3 幸英明 57 11.2 6 12 13 (栗) 中村均 3.06.3 先行 先行 37.98 8 510 ミスキャスト 101003 阪神 兵庫特H1000 1 浜中俊 5 芝2400稍
人気 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値単適回値
1番人気5-1-2-2/1050.0%60.0%80.0%112108107.0
2番人気0-3-0-7/100.0%30.0%30.0%0470.0
3番人気2-0-2-6/1020.0%20.0%40.0%134100152.1
4番人気0-1-0-9/100.0%10.0%10.0%0270.0
5番人気1-2-0-7/1010.0%30.0%30.0%134102151.2
6番人気0-0-1-9/100.0%0.0%10.0%0430.0
7番人気2-0-2-6/1020.0%20.0%40.0%377183382.2
8番人気0-1-0-9/100.0%10.0%10.0%0390.0
9番人気0-1-0-9/100.0%10.0%10.0%0500.0
10番人気0-1-1-8/100.0%10.0%20.0%01370.0
前走レース名 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値単適回値
神戸新聞G28-6-4-46/6412.5%21.9%28.1%7460107.9
セントラG21-3-1-47/521.9%7.7%9.6%254035.3
ラジオNIHG31-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%14504501450.0
札幌記念G20-1-0-2/30.0%33.3%33.3%01660.0
兵庫特H10000-0-2-6/80.0%0.0%25.0%01820.0
阿賀野川10000-0-2-1/30.0%0.0%66.7%05700.0
支笏湖特10000-0-1-0/10.0%0.0%100.0%05200.0
九十九里10000-0-0-6/60.0%0.0%0.0%000.0
新潟記念HG30-0-0-2/20.0%0.0%0.0%000.0
札幌日H10000-0-0-2/20.0%0.0%0.0%000.0
前確定着順 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値単適回値
前走1着5-1-6-44/568.9%10.7%21.4%358578.8
前走2着2-6-2-14/248.3%33.3%41.7%7910482.4
前走3着3-2-0-16/2114.3%23.8%23.8%17481255.5
前走4着0-0-1-12/130.0%0.0%7.7%0300.0
前走5着0-0-1-15/160.0%0.0%6.3%0260.0
前走6~9着0-1-0-32/330.0%3.0%3.0%0230.0
前走10着~0-0-0-17/170.0%0.0%0.0%000.0
単勝オッズ 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値単適回値
1.0~ 1.42-0-0-0/2100.0%100.0%100.0%140110140.0
1.5~ 1.91-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%160110160.0
2.0~ 2.91-1-1-1/425.0%50.0%75.0%579556.1
3.0~ 3.90-1-1-2/40.0%25.0%50.0%0800.0
4.0~ 4.91-1-0-1/333.3%66.7%66.7%150126151.8
5.0~ 6.92-0-0-7/922.2%22.2%22.2%14851130.9
7.0~ 9.90-2-0-3/50.0%40.0%40.0%0820.0
10.0~14.92-0-2-14/1811.1%11.1%22.2%15575140.7
15.0~19.90-1-1-14/160.0%6.3%12.5%0500.0
20.0~29.91-3-2-18/244.2%16.7%25.0%9610599.7
30.0~49.90-1-2-19/220.0%4.5%13.6%01120.0
50.0~99.90-0-1-31/320.0%0.0%3.1%0350.0
100.0~0-0-0-40/400.0%0.0%0.0%000.0
騎手 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値単適回値
ルメール2-0-1-2/540.0%40.0%60.0%336148167.1
福永祐一1-3-0-6/1010.0%40.0%40.0%1611781.8
武豊1-1-2-5/911.1%22.2%44.4%7214893.6
M.デム1-1-0-4/616.7%33.3%33.3%7561164.9
川田将雅1-0-1-6/812.5%12.5%25.0%29073112.8
池添謙一1-0-0-8/911.1%11.1%11.1%151290.7
北村宏司1-0-0-3/425.0%25.0%25.0%33592537.9
酒井学1-0-0-2/333.3%33.3%33.3%23093454.9
内田博幸1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%7055123.7
蛯名正義0-1-1-4/60.0%16.7%33.3%0830.0
枠番 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値単適回値
1枠2-0-1-17/2010.0%10.0%15.0%4131102.8
2枠3-2-0-15/2015.0%25.0%25.0%8682146.9
3枠2-0-0-18/2010.0%10.0%10.0%14832167.9
4枠0-0-1-19/200.0%0.0%5.0%0300.0
5枠0-2-2-16/200.0%10.0%20.0%0560.0
6枠1-2-1-16/205.0%15.0%20.0%72113108.3
7枠2-3-4-21/306.7%16.7%30.0%1910665.2
8枠0-1-1-28/300.0%3.3%6.7%0170.0
前走脚質 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値単適回値
平地・逃げ1-0-2-17/205.0%5.0%15.0%11647126.3
平地・先行2-2-5-45/543.7%7.4%16.7%278960.2
平地・中団6-6-2-56/708.6%17.1%20.0%3247104.8
平地・後方1-2-1-29/333.0%9.1%12.1%434652.6
平地・マクリ0-0-0-3/30.0%0.0%0.0%000.0
種牡馬 着別度数 勝率連対率複勝率単回値複回値単適回値
ディープインパクト3-3-2-24/329.4%18.8%25.0%7292122.3
ステイゴールド2-2-0-13/1711.8%23.5%23.5%165190.2
スペシャルウィーク1-0-0-1/250.0%50.0%50.0%345140507.6
ルーラーシップ1-0-0-4/520.0%20.0%20.0%9042191.2
シンボリクリスエス1-0-0-4/520.0%20.0%20.0%3222133.0
ブラックタイド1-0-0-3/425.0%25.0%25.0%33592887.6
バゴ1-0-0-0/1100.0%100.0%100.0%23204702320.0
キングカメハメハ0-1-2-10/130.0%7.7%23.1%0890.0
ハーツクライ0-1-0-11/120.0%8.3%8.3%0110.0
ネオユニヴァース0-1-0-6/70.0%14.3%14.3%0380.0

1番人気は安定も、人気馬同士の決着は少ない

過去10年、1番人気は複勝率80.0%と安定した成績だが、1番人気以外の上位人気には特筆すべきものはない。ここ4年は毎年7番人気以下の馬が連対しており、2桁人気馬も3頭が馬券圏内に食い込んでいる。3番人気以内馬のワンツー決着は過去10年で2011年の1回のみ。3連単がやや大きく荒れたのは2010年と2017年くらいだが、人気馬に偏りすぎない狙いが必要だ。

2~3枠、6~7枠に注目

枠番別の成績は、1~3枠が計7勝、残る3勝は6、7枠。過去10年で見ると4、5枠と8枠が不振という印象だ。ただ、ここ5年にかぎると1枠が好走なし、8枠は連対なしという結果に終わっている。総合して考えると、疑ってかかる必要が薄そうなのは2、3枠と6、7枠。この4つの枠による1~3着独占が過去5年で3回(2016、2017、2019年)ある。

神戸新聞杯6着以下からの巻き返しはない

前走レース別では、神戸新聞杯組が【8.6.4.46】連対率21.9%、セントライト記念組が【1.3.1.47】同7.7%。全出走馬の3分の2ほどをこの2レースで占めているが、結果は圧倒的に神戸新聞杯組が優勢だ。その神戸新聞杯組の同レース着順別成績を見ると、好走馬の中心は3着以内だった馬。特に優勝馬が出走してくれば、勝率57.1%、複勝率85.7%と抜群の好成績を残している。神戸新聞杯4~5着馬は好走しても3着まで、そして6着以下だった馬は馬券圏内なし。重要なステップレースで大きく負けているようでは、巻き返しは困難だ。

神戸新聞杯組以外は前走3着以内

神戸新聞杯組の好走が多いレースだが、表にあるように、その他の組も毎年最低1頭は馬券に絡んでおり、完全には無視できない。この組で3着以内に入った12頭を見ると、クリンチャー以外は、前走で3着以内だった馬。また、2勝クラス(1000万条件)なら勝ってきていることが条件(スリーロールス以外は2200m以上)になる。2017年のような極端な道悪になればクリンチャーのような馬も浮上する可能性はあるが、良馬場なら基本的には前走好走馬に絞りたい。

アリストテレス C.ルメール

調教状態

やや気性難系の血統で、時々フワフワ走るが、この中間は集中力を見せ気性は成長。3角内を回ったとはいえ、楽々とほぼ同入。馬っぷりも負けていない。ただ、口から泡を吹いてまだテンションは高め。3000mはどうか?

厩舎コメント

(スタミナ十分)音無師――前走は早めに先頭に立つ形だったが、最後の追い比べでもしっかりと伸びたからね。いい根性があるし、スタミナは十分。3000mは初めてになるが、折り合いはつくタイプ。好レースを期待している。

ガロアクリーク 川田将雅

調教状態

抜け出すと頭が高くなるが、今回は我慢させる感じで最後まで集中力を切らさなかった。パワフルなフットワークで態勢は万全か。

キメラヴェリテ 松若風馬

調教状態

ジョッキー騎乗で少し内を通っていたとはいえ、馬場が荒れた時間帯にしては水準以上の時計をマーク。走りもなかなか力強かった。ただ、どちらかと言えばダート向きの印象で。

コントレイル 福永祐一

調教状態

いつものように1週前はコースで追われ、当週は坂路で。楽走のようにも見えたが、それでいながら52秒台が出た。とにかく手足の運びが素軽いし、ひと叩きされて馬体も研ぎ澄まされてきた。文句ないデキで臨めそう。

厩舎コメント

(理想的に)宮内助手――楽な勝ち方でダメージもなく、前走後も早く立ち上げられました。初めての在厩調整が鍵でしたが、食いが落ちず、テンションも上がらなかったので、理想的にこられましたね。先週は水、金と乗ってもらい、ジョッキーも好感触。3000mだけは走ってみないと分かりませんが、京都も坂の下りも問題ないので、前に壁を作って運べれば。

サトノインプレッサ 坂井瑠星

調教状態

前走時は久々で出遅れ。東京遠征→中1週でセーブ気味なのは当然で、ゴールを過ぎてからは結構な勢い。体形はステイヤーとは言えないが、ガス抜き終了で落ち着きが出た。

サトノフラッグ 戸崎圭太

調教状態

内めだけに時計はこんなものか。さすがにアーモンドアイにはやや劣勢だったが、滑らかな脚捌きで集中力も十分。好調持続か。

厩舎コメント

(前走好内容で)国枝師――久々の前走は勝ち馬に並びそうになってもうひと伸びできなかったのは物足りないけど、休養前と違って最後まで走り切れたのは良かった。1週前にしっかりやって今週は感触を確かめる稽古だったが、反応は良かったからね。強い馬もいるけど、終いを生かす競馬で。

ターキッシュパレス 富田暁

調教状態

2歳相手に手応えで見劣ったが、チークピーシズを着けなくても、集中力は感じた。切れ味勝負は?だが、順調ではある。

ダノングロワール 北村友一

調教状態

前脚を掻き込んだ力強いフットワークで、一旦はアンティシペイトをアオる勢い。心身ともに充実してきた感じで、前走以上か。

厩舎コメント

(兆しを見せて)国枝師――前走は出負けして後方になったけど、今までにないような終いの脚を生かして勝ってくれたのは良かった。まだこれからの馬だが、変化の兆しは見られるし、距離に不安もないので今後につながるレースをしてほしい。

ディープボンド 和田竜二

調教状態

間隔が詰まることもあり、今回は坂路でサッと流す程度の最終追い切り。気分良さそうに走れていたし、ゴール前は躍動感に溢れるフォームでスイスイと駆け抜けた。元気一杯。

厩舎コメント

(距離こなして)大久保龍師――春も使って良くなっただけに、1度使っての上積みは見込めます。距離は未知数だけど、こなしてくれると思っています。

ディアマンミノル 幸英明

調教状態

重心の低いフォームで楽に相手を突き放す。毛ヅヤが冴えていかにも心肺が強そう。中1週の疲れは皆無。高いレベルで安定。

バビット 内田博幸

調教状態

前2週ビシッと追われており、当週は上がり重点でサッと。舌を出して走ってはいたが、時計が示す以上の力強い脚取りで駆け上がってきた。毛ヅヤが冴えて馬体も充実。久々の前回も良かったが、引き続き気配は上々。

厩舎コメント

(距離こなせそう)浜田師――先週、内田博騎手が乗ってCWでしっかりやっているので、最終追い切りは坂路で。ソエが解消して、今は思った通りの調整ができますし、デビューしてから一番の状態。前走を見てもスタミナは豊富で、距離はこなしてくれそうです。

ビターエンダー 津村明秀

調教状態

前走時も気配は良かったが、今回は更に機敏さが増した感じ。ゴール前も鞍上が抑え切れないくらいの勢い。デキは文句なし。

ブラックホール 藤岡佑介

調教状態

1週前はもたついたが、それでスイッチが入ったような感じ。追走して外に併せると素晴らしい伸びを見せた。態勢は整ったか。

マンオブスピリット M.デムーロ

調教状態

先週は3頭併せで目一杯追っても推進力今いちだったので、今週はシャドーロールを着けて追う。スムーズな折り合いで、いい時のフットワークになっている。調整過程も良く叩いた効果はかなりありそう。

レクセランス 松山弘平

調教状態

今回は単走での最終追い切り。モタれる面はすっかり解消。朝一番とはいえ、シャープな脚捌きで一気に駆け抜けた。気配はいい。

ロバートソンキー 伊藤工真

調教状態

アイシールドを着用して、行きたがるぐらいの前進気勢。大きく前を行く相手に内から追いつくと、舌を出して遊ぶようなところを見せながらも、楽な手応えのまま、抜いてきた。馬体もスカッとしてシャープな走り。

厩舎コメント

(上積みあり)林師――前走は相手が強化されて距離も延びましたが、それらの課題に想像以上に対応してくれました。ジョッキーが完璧に乗ってくれたおかげです。3走前が約1年ぶりの実戦ながら好時計、好内容での勝利。あれは素質がないとできないことですし、まだキャリアも浅くて上積みがありますからね。このメンバー相手にどこまでやれるか楽しみです。

ヴァルコス 三浦皇成

調教状態

上がり重点にしては反応がひと息。どうも進みが悪かった。今週の坂路は結構、力を要する馬場状態だったので、それが応えたか。馬体はいいが、動きは前回の方が良かった。

厩舎コメント

(距離は好材料)友道師――馬場が悪い分、時計は遅くなりましたが、55秒ぐらいでいいと思っていましたからね。先週にしっかりやって、馬はできています。本当に良くなるのは菊花賞の頃と見ていましたが、期待通りにひと夏越して成長。この距離は魅力ですね。

ヴェルトライゼンデ 池添謙一

調教状態

手応えで少し見劣ったし僅かに遅れたが、攻め動かないシロニイに先着した前走時より時計は速い。ラストも11秒7と優秀。今回は順調で折り合いスムーズ。叩いて本調子。

厩舎コメント

(舞台合う)兼武助手――前走は骨折明け。調整過程で熱発もあったなか、しっかり走ってくれて、前哨戦としては満足できる内容でしたし、その後も順調です。使った上積みを感じますし、スタミナが豊富で3000mの舞台設定は間違いなく合うでしょう。立ち回り次第で可能性はあると思います。

  • ジャパンカップ過去データはこちら
  • 京阪杯過去データはこちら
  • 京都2歳ステークス過去データはこちら
  • データマイニング予想
馬ランド、無料競馬予想