2019年10月5日(土)京都11R長岡京Sの有力馬情報

馬ランド、無料競馬予想記事
更新日時:

サウンドキアラ 本当の強さを京都の舞台で

ヴィクトリアマイルは直線で追い込みをかけたが、坂を上ったとこころで脚が鈍った。そのため15番人気からの競馬で7着。掲示板へは載れなかったが、格上挑戦の成績としては充分かもしれない。父はディープインパクト。母のサウンドバリアーは、フィリューズレビュー1着。血統から見た距離適性に不安はなく、走り慣れた1600mなら先行も追い込みも自由に操れるだろう。きっちり休養しているため、輸送の負担も少ない。今回こそは、田辺と共に勝利を掴んでもらいたい。馬体の仕上がりは上々、折り合いさえつけば先着するはず。

ムーンチャイム ベテラン騎手と4歳馬の共演

夏から勢いが増して2連対。馬体重が増えてからは、力強い走りを見せている。今回も武とのコンビで勝利を狙えるだろう。父はアドマイヤムーン。母のチェラリーベルズは活躍できていないが、祖父のキングマンボは中短距離の名馬なので、ムーンチャイムの脚も1600mに適しているはずだ。前走のJRAアニバーサリーは昇級戦で2着に終わったが、着実に経験を積んでいる。ポジション取りをうまく保つことができれば、末脚を活かせるはずだ。

ミッキーブリランテ 調子を取り戻して激走

新馬戦からの8戦中、掲示板を外したのはたった1回。騎手の乗り替わりに影響を受けることも少なく、安定した結果を残している。前走は、展開に恵まれず突き抜けることができなかったが、今回こそは先行して脚を溜めながらゴールへ駆け抜けて欲しい。父のディープブリランテはダービー馬。母のエピックラヴはサンタラリ賞(GⅡ)2着馬なので、 ミッキーブリランテが良血馬なのはもちろん、距離適性や能力が優れていることも間違いないだろう。馬体重の注意は必要だが、この馬の強みをレースに引き出して欲しい。

インスピレーション 休養明けでも結果を残す

前走の湘南特別は14着だったが、これまでも休養明けのレースで勝利を得ている。そのため長岡京Sも、ローテーション的には勝てるはずだ。父はハーツクライ。母のサラトガヴィーナスは500万下の馬だが、短距離馬としての経験も多い。インスピレーションには1600mが合っているため、リフレッシュしたところで勝ち星を獲って欲しい。気性の難しさは残るが、外枠からでも脚を活かせる。過去のレースより斤量負担が少ない分、横山の手腕に期待できるだろう。

当たったら儲けもの馬 アドマイヤキズナ

前走 小豆島特別も条件は一緒。梢重でのレースで本領を発揮したので、前日の天候次第では、万馬券は狙える場合があるのがこの馬。

結論

京都芝1600m外回りは、マイルCSと同じコースだ。3コーナーまでの直線が長く、先行争いも激しくなる。サウンドキアラやミッキーブリランテにとっては、都合の良いレース運びができるだろう。ただ、スタートから400m過ぎて坂を上らなければならないため、ムーンチャイムのような力強さも求められる。4コーナー付近で下っていくので、その勢いを味方につければ、自在に操れるインスピレーションの脚も炸裂するはずだ。全体的にペースが遅くなれば前残りの穴馬も否定できないが、溜めた脚を使いこなせる馬に注意したい。

  • 根岸ステークス過去データはこちら
  • シルクロードステークス過去データはこちら
馬ランド、無料競馬予想