2019年10月19日(土)東京11R富士ステークス(GⅢ)の有力馬情報

馬ランド、無料競馬予想記事
更新日時:

アドマイヤマーズ 実力の違いを見せつける

朝日フューチュリティーとNHKマイルCを制覇。皐月賞こそ4着に終わったが、誰もが認めるGⅠ馬だ。重馬場経験がなく天候の心配もあるが、これまでの実績や能力から考えれば大丈夫だろう。父はダイワメジャー。母のヴィアメディチは、リューリー賞(GⅢ)を制覇。アドマイヤマーズも富士Sに勝利し、父が手にしたマイルCSへ繋げて欲しい。秋の初戦になるが、問題なく調整できている。斤量負担57kg、古馬に混じった戦いであっても、GⅠ馬としての実力を発揮できるはずだ。

ノームコア 秋のGⅠへ向けた調整

前走のヴィクトリアマイルは堂々の1着。その際に1:30.5のコースレコードを記録している。妹のクロノジェネシスが秋華賞を獲っているため、今週の富士Sはノームコアの順番だろう。父はハービンジャー。母のクロノジストは未勝利馬だが、母方の血統は高速馬場が得意だ。東京との相性も良いので、無理をせずレースを運んでもらいたい。アドマイヤマーズとの一騎打ちになる可能性もあるが、スピード勝負なら持って生まれた能力を活かせる。秋の初戦は復帰戦となり、この先を見据えた競馬に期待したい。

エメラルファイト 1600mのゴールを突き抜ける

前走のダービーは12着に終わったが、スプリングSは1着を獲っている。父はクロフネ。母のセトウチソーラーは地方馬。そのため「ダートのほうが向いている」との声もあるが、エメラルファイトは芝を走れる素早さを備えている。距離的な不安もなく、高速馬場でも追走できるだろう。放牧明けの出走となり、調整と気合いも充分だ。位置取りに失敗しなければ、中段からの積極的な競馬を見せてくれる。人気薄になれば、穴としては狙い目かもしれない。

カテドラル 静かにタイミングを狙う

中京記念は8着に敗れたが、NHKマイルCは3着。今回は、古馬を相手にどこまで対応できるか注目だ。追い切りは坂路・CWとも時計が良く、得意な差し競馬を見せてくれるだろう。父はハーツクライ。母のアビラは活躍できていないが、父譲りの勝負根性で接戦にも挑めるはず。アーリントンCで2着に迫ったシュタルとのコンビで、夏を越して成長した姿を披露してくれるだろう。重馬場で脚を取られなければ、目の前のチャンスを拾える。斤量負担54kgのハンデを強みに、逃げてくれるかもしれない。

結論

東京芝1600mは、GⅠと同じコースになる。3コーナー手前の上りと急な下りを乗り越えなければならないため、経験と能力に優れたアドマイヤマーズやノームコアに軍配が上がる。逃げ切る事も難しいと言われているが、カテドラルなら自在に走れるため当日が楽しみだ。状態の良いエメラルファイトも忘れてはならない。富士SはマイルCSの前哨戦なので、スピード以外にスタミナも要求されるだろう。

過去データと傾向

有力馬情報とともに、
こちらは【競馬予想】2019年富士ステークス過去結果分析も一緒にご覧ください。

  • 根岸ステークス過去データはこちら
  • シルクロードステークス過去データはこちら
馬ランド、無料競馬予想