【競馬予想】カノープスステークス過去結果分析

馬ランド、無料競馬予想記事
更新日時:
日付 着順 馬名 性別 年齢 人気 騎手 斤量 頭数 距離 馬場状態 重量種別 限定 着差 上り3F 上3F地点差 馬体重 馬体重増減 所属 調教師 種牡馬
201129 1 ハナズレジェンド 7 7 坂井瑠星 54 15 ダ2000 ハンデ -0.2 37 1.2 464 0 (栗) 矢作芳人 ハーツクライ
2 メイショウエイコウ 6 12 西村淳也 53 0.2 37.7 0.7 454 4 (栗) 荒川義之 サマーバード
3 ダノンスプレンダー 4 2 藤岡佑介 55 0.4 38.3 0.3 510 6 (栗) 安田隆行 ロードカナロア

アンセッドヴァウ 国分恭介

調教状態

ひと頃は肌艶が良くなかったが、いくらかビジュアルアップしている。動きも及第点。順調。

エイコーン 高倉稜

調教状態

まだ馬体のラインがはっきりしていないし、毛ヅヤも良化の余地あり。徐々に脚取りはしっかりしてきたが。

厩舎コメント

(叩き良化型で)高島助手――前走は骨折明けでしたからね。稽古は地味ですが、叩き良化型ですし、馬体に張りもあります。オープン特別なら力も上位でしょう。距離も守備範囲。

エクスパートラン 藤懸貴志

調教状態

前走時の攻めが集中力散漫。その点を考慮してか、一杯に攻めを強化。ただ、元気さは出たが、一変までは。

エブリワンブラック 浜中俊

調教状態

依然スレンダーなボディでしっかり動き、しっかり調整。気配からはもう少しやれてもいいが。

グレートタイム 岩田望来

調教状態

今回は当週が余力残しの手応えの調整だが、動きは軽快そのもの。久々好走の反動もなく、好調キープ。

厩舎コメント

(56キロでも)田代助手――前走は集中していたし、前々走で気合を入れたことがつながったね。ブリンカーを着けてからは安定しているし、右回りも苦にしない。このハンデも問題ないよ。

シャンパンクーペ 中井裕二

調教状態

中間は併走遅れが目立っているものの、乗り込み量は豊富。今週の動きもまずまず。太め感なく仕上がる。

ショウナンナデシコ 吉田隼人

調教状態

前回より負荷をかけて51秒台が出た。依然として前進気勢が旺盛で低い姿勢で登坂。依然好気配を保つ。

厩舎コメント

(52キロ魅力)須貝尚師――前走は強いレースをしてくれた。使う毎に力をつけてきたよ。今回はオープンだけど、52キロの軽ハンデは魅力。期待したい。

タマモサンシーロ 亀田温心

調教状態

大きく先着したが、相手が早めにバテたため。自身はいい時の迫力はなかった。ただ、馬っぷりは依然いい。

テンザワールド 斎藤新

調教状態

騎手騎乗の11日の坂路で好時計。乗り込みは順調だが、動きは幾分上向いてきた程度。重くはないが。

ドスハーツ 小沢大仁

調教状態

確かに遅れはしたが、ゴール前は差し返し気味で気迫は感じた。ただ、いつものように上がり重点だったが、それにしては時計が地味。まだ、復調途上かも。

ニューモニュメント 西村淳也

調教状態

依然として丸みを帯びた馬体が目立つ。前回と同じ中2週だが、今回は馬なり調整。これがいい方に出れば。

ヒロイックテイル 坂井瑠星

調教状態

急仕上げをひと叩きしたが、まだ柔軟さが足りない。それでも前回よりは動きも時計もいい。徐々には良化。

厩舎コメント

(集中続けば)本田師――最後はもう集中力が切れていた前走。気性の問題だと思うし、最後まで集中して走れれば。

ミヤジコクオウ 富田暁

調教状態

まだ素軽さも張りも足りない。もう少し時間を要すか。

厩舎コメント

(良化スロー)武藤助手――前走は久々で息切れ。そこまで攻め駆けしないので先週遅れたことは気になりませんが、良化が遅い印象です。ゲートの不安も残るので、どこまで変われますか。

メイショウマトイ 古川吉洋

調教状態

動きひと息の前走をひと叩きして多少でも手脚の運びに素軽さが出てきた。前回より体調は良さそう。

ライトウォーリア 松若風馬

調教状態

この中間はビシビシハードに攻めを強化している。久々を好走した反動もなく、馬体、動きはともに上々。

厩舎コメント

(上位争いを)高野師――前走は持ち味を生かすレースができました。変わらずいい状態。それに2000mの方がレースをしやすいと思います。上位争いを。

ヴェンジェンス 幸英明

調教状態

まだ好調時の姿ではないが、気配、動きが平凡だった、前回よりは良化。一変はどうかだが、一歩前進可能。

厩舎コメント

(状態良好)大根田師――ハンデ戦のここを目標に調整。状態は変わらないので、自分のリズムで競馬してどこまで。

カノープスステークス過去データ、管理人の感想

※着別度数は
左から(1着回数-2着回数-3着回数-4着以下回数/全出走回数)です。
ウェルカムステークス
(東京芝2000m3歳上3勝クラス定量)
過去10年分のデータから集計しています。

枠番 馬番 馬名 性別 年齢 騎手 斤量 所属 調教師 毛色
1 1 カラクプア 7 藤岡康太 54 (栗) 松田国英 黒鹿
2 2 ネオブレイブ 4 亀田温心 54 (美) 小西一男 栗毛
3 マイネルユキツバキ 5 国分優作 56 (美) 高木登 鹿毛
3 4 バーンスター 4 鮫島克駿 54 (栗) 谷潔 鹿毛
5 ニューホープ 4 加藤聡一 51 [地] 田口輝彦 青鹿
4 6 ビルジキール 4 吉田隼人 54 (栗) 安達昭夫 黒鹿
7 ナムラアラシ 7 幸英明 55 (栗) 牧田和弥 鹿毛
5 8 プリンスオブペスカ 6 古川吉洋 54 (栗) 松永昌博 鹿毛
9 ダノンスプレンダー 4 藤岡佑介 55 (栗) 安田隆行 黒鹿
6 10 ヒラボクラターシュ 5 石橋脩 57 (栗) 大久保龍 鹿毛
11 プレスティージオ 7 富田暁 54 (栗) 大根田裕 栗毛
7 12 メイショウカズサ 3 和田竜二 54 (栗) 安達昭夫 栗毛
13 メイショウエイコウ 6 西村淳也 53 (栗) 荒川義之 鹿毛
8 14 ハナズレジェンド 7 坂井瑠星 54 (栗) 矢作芳人 栗毛
15 テーオーフォース 5 菱田裕二 53 (栗) 岡田稲男 黒鹿

カノープスステークスの過去データはありませんので、2020年11月29日(日)のレースの調教情報や予想を掲載したいと思います。 水曜日以降には情報を掲載いたします。申し訳ありません。 無料競馬予想記事に戻る

カラクプア 藤岡康太

調教状態

いつ走るか分からないタイプだが、毎回の遅れ。テンションも高め。ただ、これはいつものこと。順調と言える範囲だろう。

ダノンスプレンダー 藤岡佑介

調教状態

相手にリズムを合わせていたが、追えばしっかり伸びそうな気配。乗り込み入念で好調。

厩舎コメント

(重賞健闘)安田隆師――出負けして後ろからになったけど、直線でグッと来ていました。重賞でもよく頑張ったし、いろんな競馬ができるように。動きもいいし、ここなら楽しみが。

テーオーフォース 菱田裕二

調教状態

立て直し良化。しっかりと動く。馬体も仕上がっているし動きも及第点。力は出せそう。

ナムラアラシ 幸英明

調教状態

先行遅れ。この馬にしては速い時計が出て、硬さも見られないが、幾分上向いた程度。

ニューホープ 加藤聡一

調教状態

終いまで上々。急には絞れないものの、フットワークに重さはない。叩いた効果はあり。

ネオブレイブ 亀田温心

調教状態

2歳未勝利馬に脚いろで劣ってしまったが、もともと攻め駆けしない実戦タイプ。

厩舎コメント

(展開が嵌まれば)佐藤助手――もともと稽古は目立たないタイプで、前走後も順調にきている。オープンで一気に相手は強くなるが、この馬も4歳秋になって力をつけてきたし、どこまでやれるのか楽しみがある。テンはそう行けないので、展開が嵌まってくれれば。

ハナズレジェンド 坂井瑠星

調教状態

間隔が開いて馬体は少し立派。動きにもいい時の切れがなく、手応えで完敗だった。

厩舎コメント

(調教では動き)宮内助手――札幌のダートでいい動きをしていましたし、以前から使ってみたかったんです。いい脚は長く続きませんが、折り合いはつくので、距離は2000mでも問題ありません。

バーンスター 鮫島克駿

調教状態

まだ体は立派に映るが、毛ヅヤはグンと良くなった。順調に乗り込まれ、デキをキープ。

厩舎コメント

(展開次第では)谷師――展開も向いたが、使って状態がかなり良くなっていたからね。ひと頃の硬さがなく、今回もいいデキを維持。オープンだと甘くないが、2000mでも問題はなく、ためれば確実に伸びる馬。展開次第では。

ヒラボクラターシュ 石橋脩

調教状態

3週続けて遅れる。そう攻め駆けする方ではないが、やはり久々の分だろう。割り引く。

厩舎コメント

(負荷かけ)大久保龍師――前走はノドの手術明けでしたが、ダートで調整も難しく追い不足気味でした。帰厩後はしっかりと負荷をかけています。

ビルジキール 吉田隼人

調教状態

外に張り気味で目立つ動きではなかったが、ラスト1ハロンの時計は速い。大型でもそう乗り込まなくても仕上がるタイプ。まずまず。

プリンスオブペスカ 古川吉洋

調教状態

ゆっくりしたペースで入って直線だけ促される。動きには素軽さが加わってきた。

プレスティージオ 富田暁

調教状態

まだ手足が重い。もう少し時間を要す。

マイネルユキツバキ 国分優作

調教状態

この中間に好時計を出しており、今週の時計は目立たないが、外ラチ沿いで伸び上々。

厩舎コメント

(復調ムード)高木登師――前走は内枠から押していって、積極的なレースをしてもらった。寒い時季になって馬に活気が出てきたようだし、確実に復調ムードにある。今回は楽しみ。

メイショウエイコウ 西村淳也

調教状態

頭が高く、フワフワした動き。割引が必要。

メイショウカズサ 和田竜二

調教状態

調教からはまるで前向きさを感じないが、実戦に行けば別馬のように強い。不思議だ。馬体の肌艶が良く、脚取りも確か。好調。

厩舎コメント

(力つけて)安達師――3歳馬ですし、古馬のオープン馬相手にどんな競馬ができるかですが、力をつけていますし、ハンデの54キロは想定内。ハナを切って結果を出していますが、揉まれない位置で運べるならハナにはこだわらなくていいと思っています。

管理人の予想印

◎メイショウカズサ

日曜阪神11RカノープスSはメイショウカズサを狙い撃つ。20年11月1日に作成した新方程式221「3歳×安達厩舎×栗毛×前走1着」に当てはまっている。メイショウ馬の「3歳×安達厩舎は単勝回収率128%と成績が良い。メイショウカズサは6月に未勝利戦を勝つと、その後4連勝。前走の栞Sでは主導権を奪って逃げると、直線では後続を突き放して7馬身差で完勝した。今回はオープンで相手は強くなるが、ハンデが54キロなら逃げ切り勝ちの可能性はありそうだ。

競馬予想記事へ戻る

  • ジャパンカップ過去データはこちら
  • 京阪杯過去データはこちら
  • 京都2歳ステークス過去データはこちら
  • データマイニング予想
馬ランド、無料競馬予想